バイクで右折待ちをしていたら軽自動車が赤信号を猛スピードで…。記憶がなくなり…

シェアする

pl060

12月の寒い時期職場まで渋滞が多く仕事の通勤に250ccのレプリカタイプで通勤していました。少し雪がちらついていましたがその日もバイクで通勤。仕事を終え自宅から近い所にある本屋に寄った帰り道時間は20時頃自宅まであと5分と言う所で事故に遭いました。事故にはよくある交差点での事故。2車線右折レーンを含めると3車線になる交通量の多い交差点でした。

赤信号にも関わらず凄い勢いで軽自動車が

右折する為右折レーンに入って行く時に信号が黄色から赤に変わり右折レーンに入った時には右折用の矢印が出て、さあ右折しようとした時、赤信号にも関わらず凄い勢いで軽自動車が直進して来ていました。「信号無視かぁ…。あぶないなぁ」と思いながら軽自動車を行かせようと、交差点の中央で止まった所までしか記憶がありません。どうなったか分かりませんが、事故っていたのです。

気付いた時には、歩道の上で警察と話をしていました。どうやってそこまで行ったのかはっきり意識が戻るまで何を話していたのかもわかりません。事故現場から10分程の所に警察署もあり事故車両を動かし警察が来るまでそれなりに時間は経っていたはずです。全く記憶がないままヘルメットも脱がず話をしていたみたいです。今がどの様な状況か飲み込めなかったので「どうなってるんですか?」と警察官に尋ねと「あの軽自動車とぶつかったんや」と言われました。

改めて事故の状況を尋ねられ記憶がある所まで話すと、意識が無かった時と全く同じ事だったみたいです。体のどこかが痛む事はありませんでしたが、意識が戻った瞬間から一気に血の気が引いたような物凄い寒気に襲われ、全身震えが止まりませんでした。

肩から手首までが全く動かず…

とにかく寒いから早く現場検証を済ませて欲しいと頼みましたが、相手の方も動揺していたらしく結構な時間震えながら待たされました。震えながら待っていると今度は右肩が尋常じゃなく下がっていて、指は動かせたのですが、肩から手首までが全く動かせませんでした。

大きな外傷も無く立って歩いているのですぐには救急車を読んでなかったみたいです。見た目は大丈夫そうやけど、頭で軽のリヤガラスを割っていた事もあり一応病院に行って診てもらえってことになり、ようやく救急車が来て一番大きな総合病院に連れて行かれました。その日は外傷を少し治療し、「時間も遅いので明日もう一度来て詳しく検査しよう」という事で、タクシーで自宅まで帰りました。

検査結果は思ったより深刻で

検査してわかったのは、右の肩甲骨に小さな骨折があった事、右肩が動かない原因はわからないどころか「痛みがあるから動かせないんじゃない?」と言われましたが、全く痛みはありません。もう一度詳しく調べて欲しいと話しましたが、とりあえず今日は帰って明日また来てと追い返すように帰らされました。

このままでは納得いかないので別の病院に行くと、詳しく検査しないと行けないからと、そのまま入院。2週間ほど色々検査をした結果、首から肩にかけての大きな神経が完全にではありませんが断裂していました。それから半年入院し、完治までは3年程掛かりました。怪我の状態が判明した時は一生肩が上がらなくなるのでは!?と思いましたが、大した後遺症もなく普通に生活出来ています。

バイクのダメージはほとんど無く、外装を修理すれば乗れるはずでしたが入院した翌日、相手の保険屋さんが査定の為自宅に確認しに行くと、盗難されていて二度と戻って来ませんでした。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK