バイク事故の時は軽度でも警察を呼ぶべき

シェアする

pl059

乗っていたのはアドレスV125Sです。事故にあったのは仕事から帰宅途中、信号待ちにかかりそうだったので住宅街の中道へ入った所でした。車の行き違いは一定の場所で譲らないといけないような幅です。事故の相手は社用車のボンゴでした。相手は運転手一人。私も一人です。

事故当時の詳しい状況は、私の前にボンゴがアパートの駐車場からバックで出てきて、私と同じ方向に進もうとしていました。すると、対向に子供を後ろに乗せた自転車がやってきました。私はボンゴの後ろに停車していたのですが、自転車が通り過ぎるのをボンゴが停車して待つと思っていたら、突然後ろに下がってきました。(寧ろ下がると自転車に接触するので危険な角度)

「大丈夫です」と言うと

全く私の存在に気づかないままバックしてきたので、私も慌てて足で下がろうとしたものの間に合わず、そのまま接触され、横倒しに転倒しました。乗っていた男性が降りてきて大丈夫かと問われたので、大丈夫ですと言うと、そのまま男性は車に乗り込み、そのまま発進していきました。私も少し痛みがありましたが、社名が記載されていたので、何かあれば言えばいいか。と思い帰ろうとすると、事故を目撃した通りがかりの女性に「あれは絶対ダメよ!警察に言わないと!!」と心配してくれました。

ですが、あまりにビックリしていて動転していたため、大丈夫です!と言って、そのまま帰宅してしまいました。自転車の親子は接触はなく、無事でした。段々体が痛くなってきて、一応主人に電話をした所、何故すぐ警察を呼ばなかったんだ!と怒られました。そして、もしバイクがその転倒で動かなくなったらどうするんだと責められました。とりあえず、すぐ連絡しろと言われたので、事故現場近くの警察に電話をして事情を話すと、バイクでもう一度現場に来るように言われました。相手が社用車だったので、ナンバーは分からなくとも、判明すると思い、伝えておきました。

そして交番へ行くと、まず事故当時の時間や場所、状況を話し、相手の到着を待ちました。すぐ相手は判明したようで、上司の方と来られ、一緒に現場まで徒歩で行きました。時間が遅くなり暗いのと、幅が狭くて車では長時間停められなかったからです。警察官と一緒に現場で位置の確認をし、また交番に戻り、破損のチェックをしました。ボンゴはゆっくりぶつかったので破損はないようでした。バイクは擦れ程度に感じられました。

ダメージは軽度。でも事後処理が煩わしい

連絡先を確認してその日は帰宅する事に。念の為、受診とバイクの点検をさせてもらうよう話をしていました。ただ、次の日病院で、支払いは先だと言われ、混乱しました。今迄の経験では事故の場合は保険会社が支払うので此方から払うことはなかったので。相手に連絡すると、領収書と引き換えで支払ってくれるそうで、こちらで建て替えることにしました。

バイクの方は保険会社の担当者にバイクの写真を送って、バイクのお店へ入金してもらうことになりました。結局気づいていませんでしたが、ハンドルカバーの中でブレーキが削れ、曲がっていたらしく、そこは直そうとお店で言われたのでそれは直してもらいました。自宅にわざわざ謝罪に来てくださった際に領収書と引き換えに診察代を頂きました。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK