ホンダ・CB400F:職場のバイクブームに乗って

シェアする

画像出典:ホンダCB400F

画像出典:ホンダCB400F

数年前、まだ独身の時に職場でバイクブームがきました。あまり興味はありませんでしたが、仲がよかった友達も免許を取ってバイクを買ったのをきっかけに私も免許を取りにいきました。教官は筋がいいと補習がつくことなく普通自動二輪の免許を取りました。教習を受けている時に乗っていたのが、ホンダのCB400F VTEC2でした。その時から愛着があり、そのバイクブームにのって、バイクを買うことにしました。

値段交渉を重ね

雑誌などで相場を調べると50~60万円程度でした。しかし、長く乗るものだと自分に言い聞かせて、雑談やネットて探しました。そしてネットに希望であったホワイトが福岡市にあることがわかりました。走行が25,000kmで値段は55万円でした。

やや割高な印象ですが、そのショップに行きました。ネットて検索したときには三台あったのが、当日は一台しかありませんでした。私が希望していたバイクはすでに売れていました。しかし、在庫の一台もホワイトで48,000km走っていて値段は45万円でした。店員と話し合って値段交渉を重ね、乗り出しの40万円にまでまけてくれました。

納車の日、朝から気分が高陽していたのをよく覚えています。そしてついに納車の時がこました。手続きを終えてすぐに仲のよい友達に見せにいきました。二人で話し込みあっという間に数時間経っていました。そのときにツーリングに行く日や場所などいろいろと話し、少し暖かくなったのでツーリングに行こうということになりました。

職場のメンバー10人で高千穂にツーリング

5月になってだいぶん暖かくなった時に、職場のメンバー10人で高千穂にツーリングに行くことに決まりました。私たちが住んでいる所から3時間程度の行程です。

宮崎県の高千穂峡はこんな所

天候にも恵まれ、いざ出発。途中に3回休憩を入れて、とても楽しく今まで話したことがなかった人ともバイクを通じて話すことができました。目的地に到着してランチを摂ってボートに乗りました。少し肌寒くなってきたと思ったら、今まで晴天だったのがザーっといきなり雨が降ってきました。

しかし、すぐに雨はやんでツーリングに影響はありませんでした。2時間程度散策し返ることになりました。はじめてのツーリングが長時間の運転と持病の腰痛が悪化したのか、帰りの道中て徐々に腰が痛くなりました。途中休憩ではストレッチして乗り越していました。

悪い出来事が連続で

しかし、この後に悪い出来事が起こるのです。車対車の事故を目撃したのです。目撃者として通報し、事情聴取されました。そこで1時間ほど足止めをくらいましたが、私にとっては腰痛を紛らわす良い時間になりました。

事情聴取が終わって帰宅しようとみんなでバイクを走らせはじめて10分後、またも悪い出来事が起こるのです。スピード違反検問をしていたのです。私はグループの後方を走って誘導されているのが判ったのでスピードを緩め、何とか違反検問には引っ掛かりませんでした。

しかし、前方を走っていた4人が違反対象者としてキップを切られていました。はじめてのツーリングでいろんな経験をしました。楽しい出来事、悲惨な出来事、可哀想な出来事などとても濃い1日でした。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます