カワサキ・エストレヤ (2代目 ’07-):バイクの楽しみはツーリングだけじゃない

シェアする

カワサキ エストレヤ '14 (出典:bearingoblak.wordpress.com)

カワサキ エストレヤ ’14 (出典:bearingoblak.wordpress.com)

私の通学している大学は、山沿いであることから道路の傾斜がとても険しく、歩いて通学するのにはとても体力を使う立地でした。そこで、大学2回生の時に普通自動二輪の免許を取得し、カワサキのエストレヤを購入しました。普通の学生では原付を購入する人が多いのですが、私の場合、教習でバイクに乗っているうちにだんだん楽しくなってきて、結局バイクも単車を買うことにしたのです。

とても便利なエストレヤ

エストレヤは、排気量250ccのバイクの中でも非常に扱いやすく、最高速度こそ高くないものの、ちょっとした街乗りやお出かけに最適なバイクです。私の場合、普段の通学に用いているほか、一人暮らし用の食料品や生活用品の買い出しにも重宝しています。私の住んでいる、大学近くにはスーパーなどのお店が少なく、駅前まで行かなければ買い物が出来ないためです。

エストレヤは、単車の中でもめずらしく、オフィシャルパーツとしてリアキャリアが販売されており、サイドバックなども組み合わせやすいため、原付に負けないくらいの積載量を持っています。5kgのお米であっても、ツーリングネットを用いてキャリアに載せれば、楽々家まで持って帰ることができ、とても便利です。

エストレヤってこんなバイク

バイク好きならではの良い思い出

また、大学でバイクを通じて仲良くなった人も居ます。元々の知り合いにバイクを買った事を話すと、その知り合いの友達もバイクに乗っていて…といった具合に、友達の輪が広がりました。くわえて、私たちは大学で機械工学を学んでいるため、バイクのメンテナンスも自分で行う、という人も少なくありません。私はできるかぎりのメンテナンスは自分でしたいと考えていたため、そういった人たちと協力してバイクのメンテナンスをしたこともあります。

大学の駐輪場の広めのスペースで工具を広げて、時にはわかりにくいところを試行錯誤し、時にはくだらない雑談をしつつ、バイクのメンテナンスを行っていたことも、バイク好きならではの良い思い出です。結果的にバイクの調子が良くなった時は、知り合いと満足げにハイタッチをしていました。

エストレヤの面白カスタム

普段と違った走りも楽しみの一つ

私自身はあまりツーリングには行かないのですが、知り合いとバイクメンテナンスをし後と、そのまま少し走りに行くことがありました。おすすめのラーメン屋まで連れて行ってもらったり、家まで遊びに行ったり。普段は走っていない道を走り、今まで見た事なかった綺麗な景色を見ながら走るのも、なかなかできない良い体験です。

エストレヤは他のバイクに比べて非力なので、あまり相方に飛ばされてしまうとなかなか追いつくのも大変なのですが、その分普段とは違った走り方ができるのも、マスツーリングの楽しみの一つではないでしょうか。

これからも安全運転で、末永くエストレヤと付き合っていこうと思います。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK