スズキ バンディット250を購入

シェアする

001

私が15歳の頃から、兄の影響によりバイクに興味を抱いておりました。そして16歳になって、原動付き自転車の免許を取得しました。初めてのバイクはNSR50でした。高校の友達といろいろな場所にツーリングにいきました。初めての2ストロークエンジンでしたので、50CCでもものすごい加速したのを覚えております。いろいろと自分で手を加えながら大切にしておりました。

2年ほど乗ってましたが、夏のバイト帰りに事故を起こしてしまい、廃車になりました。その後、義兄が乗っていたマグナ50に乗り換えました。初めての4ストロークエンジンでした。NSR50ほどの加速はなかったけど、低燃費でポジションも楽で1年ほど乗ってました。元々義兄がカスタムしてあり、非常にかっこ良かったです。

友達と一緒にバイク屋めぐり

そして、18歳になって、車の免許と同時に自動二輪免許を取得しました。毎月出てるバイク雑誌でなにを買うか決めてました。友達と一緒にバイク屋めぐりしたのもいい思いでです。非常に楽しいひとときでした。私は、レーサーレプリカやスポーツ系が好きですので、4ストロークエンジンのCBRやZXR NINJA、2ストロークエンジンのNSRやTZRを視野に入れてました。400CCは維持費の関係上、やめました。

できれば、是非とも2ストロークがほしかったのですが、予算の都合により買えませんでした。2ストロークは今や、絶滅車種でプレミア価格でしたので、買えなくて非常に残念でした。CBRやZXRなども中々いい車体がなく、諦めました。NINJAも良かったのですが、最初は4気筒エンジンに乗ってみたかったので、除外しました。そこで残ってるのは、各社から出てる4気筒エンジンを積んだネイキッドモデルに絞りました。

ホーネットとバンディットに絞り

候補に上がったのは、ホンダ ホーネット ジェイド  カワサキ バリオス  スズキ バンディットです。ホーネットはリアタイヤが大きく、スタイリングが良く第一候補でした。スズキのバンディットもスタイリングがよく、車体も安いので狙ってました。バリオス、ジェイドは、あまりいい車体がなかったので、除外しました。ですので、ホーネットとバンディットに絞りました。

予算内でいい車体を選んだ結果、現在の愛車 バンディット250(97年 後期型)に決定いたしました。購入はレッドバロンで購入いたしました。納車整備もきっちりやってもらい、ピカピカの状態で納車してもらいました。4気筒の気持ちの良い加速も良かったです。納車してからは、原付では行けなかった遠くのまでツーリングに行きました。ツーリング先でいろんな人にも出会い、このバイクを買って非常に良かったです。これからも愛車に手をかけ、長く乗っていきたいと思います。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK