2ストの鮮烈な加速感が魅力だったヤマハTZR250

シェアする

私が初めて買ったバイクはヤマハのTZR250でした。まだ2ストが存在した昔の話です。2気筒250cc45馬力。価格は・・うろ覚えですが60万円くらいだったかな。白のベースに赤いストロボデザイン。懐かしい思い出です。

バイクを買って何が嬉しかったかと言うと、自分だけの移動手段をやっと手に入れたという喜びが一番大きかったですね。まだ車の免許を取る前の事で、自転車では限りがあるけどバイクなら何処へでも行ける。その分まあ、ガソリン代はかかるんですが、高速にだって乗れるし、地図に載ってるどの場所へも好きなように行ける。これまでの自分にとっての「世界」の範囲が全く変わった気がしました。あとから良く考えれば、バスや電車でも大抵の場所へも行けるのですが、自分の思い通りに行動出来るという部分が大きかったのでしょう。

加速感が鮮烈

それと走り出した時の加速感が鮮烈でした。生身の人間では絶対にありえない次元の違う感触。特に2ストのレーサーモデルだったので、しっかりハンドルを握っていないと後ろに振り落とされるくらいの強烈なパワーはちょっと怖くもあり、でもやっぱり感動でした。

カン高い!TZR250のエンジン音はこんな感じ↓

バイクに跨って止まった状態から、発進しつつ地面から足を離してステップに置く。するとその瞬間から、生身の人間とは別の何かに変身したような気分になれるのです。「人馬一体」という言葉がありますが、そういう感じでしょうか。買ったばかりで慣れないうちは「乗せてもらってる」感が強かったですが、乗り慣れてくるにつれてどんどん一体感が高まっていくのがまた楽しかったですね。

休日にはよく夜明け前に起き出して、箱根を走り回って、お昼前には帰ってくるなんて事を毎週のようにしてました。当事良く使ったのは芦ノ湖スカイライン。TZRはハンドリングが抜群なモデルですから、長短おり混ざったワインディングが続く芦スカは初心者ライダーの私にはぴったりな練習場所でした。本当に何度も行きましたね。コーナーを全部覚えてしまうくらい。

すっかりハマってしまった

そんな感じで「走る楽しさ」にすっかりハマってしまった私は、その後ライセンスを取ってサンデーレースに挑戦するなんて事も。下手っぴだったので公式戦に出るほどではなかったですが、公道では出せないスピードと、周りのバイクと競い合うスリルはたまりませんでした。装備代とかタイヤ代とかちょっとお金がかかりましたけど、これも最高の思い出です。

おかげで四輪に乗るようになった今でも、サーキットへ行ってスポーツ走行を楽しんだり、ジムカーナをして遊んだりしています。私のこれまでの人生で味わった楽しさの半分以上は、バイクに乗ったところから始まったと思います。ツーリング旅行も色んなところに行きました。転んで怪我した事もありますが、やっぱりあの時に思い切って買って良かったなと思っています。当事の私にとってはかなり高い買い物でしたけど、大正解でした。

乗らなくなったバイクは、バイク王で無料出張買取

今乗っているバイク、置いておくだけではダメになってしまいます。乗らなくなったバイクは今すぐバイク王のかんたん3ステップ無料お試し査定。「バイク買取シェアNo.1」(楽天リサーチ調べ)のバイク王なら買取りだけでなく販売店も運営。高価買取が期待できます。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK