アウディ A5スポーツバック (T8 ’09-):A5シリーズ第3弾となる5ドアハッチバックモデル

シェアする

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

2007年にまず2ドアクーペがデビューしたアウディのミディアムモデル「A5」シリーズは、翌2008年にカブリオレを追加、そして2009年9月に第3のモデルとして5ドアハッチバックモデルの「スポーツバック」が登場しました。クーペのスタイリングとワゴンの機能性、セダンの居住性を併せ持つ事が謳われ、日本には2010年1月から導入が開始されました。

ボディサイズをクーペから拡大

ボディはサッシュレスの4ドアを持ち、ハッチバック車ながらもファーストバックのクーペ風フォルムが備わります。ボディサイズは全長4,710mm×全幅1,855mm×全高1,390mmで、クーペより全長が85mm、全高が15mm拡大されています。ホイールベースは60mm長く「A4」と同一の2,810mmで、車両重量はクーペよりも70kg重い1,710kgとなっています。又、乗車定員はA4より1人少ない4人となります。

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

サスペンションは、A4や他のA5シリーズ同様の前:5リンク式/後:トラペゾイダルリンク式を踏襲、駆動方式はフルタイム4WD「クワトロシステム」となります。日本仕様に設定されるパワートレイン及びグレードは、カタログモデルとしては2L直4ターボエンジン(最高出力211ps/最大トルク35.7kgm)+7速Sトロニック(DCT)を搭載する「2.0TFSIクワトロ」のみとなります。

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

インテリアは、他のA5シリーズ同様のデザインを採用したインパネ/コンソールボックスを踏襲する他、インフォテインメントシステム「MMI」も受け継ぎます。オプション装備としては、走行モード切替システム「アウディ・ドライブセレクト」や可変ギアレシオステアリングの「ダイナミックステアリング」、駐車を支援する「アウディ・パーキングシステム」などが設定されます。

M/Cで燃費を改善

又、発売開始と同時に、専用の前後バンパーやスポーツサスペンションなどが備わる「S-lineパッケージ」や専用デザインのアルミホール、専用の内外装色、B&O製サウンドシステムが備わる20台限定の特別仕様車「エクスクルーシブリミテッド」がリリースされました。そして2012年1月にマイナーチェンジを実施し、内外装のデザインが一部変更されました。

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

同時に、エコ対策として従来から備わる減速エネルギー回生機構に加え、新たにアイドリングストップ機構が採用され燃費が20%改善されました。続いて2014年11月に、S-lineパッケージやブラックを基調とした「Audi exclusiveブラックハイグロススタイリングパッケージなどが備わる特別仕様車「S-lineコンペティション」が発売されました。

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

アウディ A5 スポーツバック (出典:audi.co.jp)

そして2015年6月に、「S-lineコンペティション」の装備に加え、「アダプティブクルーズコントロール」「アウディ・サイドアシスト」「アウディ・アクティブレーンアシスト」から構成される「アシスタンスパッケージ」や、「アウディ・パーキングシステム・リアビューカメラ」などが備わる特別仕様車「S-lineコンペティションプラス」が発売されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます