BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ (F32/33 ’13-):3シリーズクーペ/カブリオレの後継

シェアする

BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMWの「4シリーズ」は、2011年にフルモデルチェンジした「3シリーズ」の派生モデルとして、2013年に発表されました。日本ではまず2ドアクーペが2013年9月に、リトラクタブルハードトップを持つカブリオレが翌2014年2月に発売されました。従来の3シリーズクーペ/カブリオレの後継モデルにあたり、ワイド&ローなボディや充実した安全装備などが特徴となっています。

ボディは長くワイドに

ボディサイズは、全長4,640~4,670mm×全幅1,825mm×全高1,375mm(クーペ)/1,385mm(カブリオレ)で、先代の3シリーズクーペ/カブリオレから全長が30~60mm、全幅が45mm拡大され、全高はクーペの場合25mm低くなり、カブリオレは同一の数値となっています。又、現行型3シリーズセダン/ツーリングと比較しても、長く広く低いディメンションになっています。

BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

ホイールベースは現行型3シリーズセダン/ツーリングと同一の2,810mmで、3シリーズクーペ/カブリオレからは50mm延長されています。こうしたディメンションの変更も手伝い、スタイリングはロングノーズかつワイド感が強調された他、ワイド化されたキドニーグリルや取付位置が下げられたヘッドランプなどにより、一層躍動的なイメージに変貌しています。

BMW 4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

車両重量は、クーペは90kg程増加し1,540~1,620kgとなった一方、カブリオレは10kg増の1,840kgに抑えられています。サスペンションは、基本的に3シリーズ同様のフロント:ダブルジョイント・ストラット式/リア:5リンク式を踏襲しながら、フロントはトーションバーが追加された専用設計の物となります。駆動方式は欧州仕様にはフルタイム4WDも用意されるものの、日本仕様はFRのみとなります。

BMW 4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

エンジンはクーペが3種類、カブリオレは1種類

日本仕様のエンジン及び基本グレードは、クーペはまず2L直4ガソリンターボ(最高出力245ps/最大トルク35.6kgm)搭載の「428i」と、3L直6ガソリンターボ(最高出力306ps/最大トルク40.8kgm)搭載の「435i」の2種類でスタートし、2014年1月に2L直4ガソリンターボのデチューン版(最高出力184ps/最大トルク27.5kgm)搭載の「420i」が追加設定されました。

BMW 4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

BMW 4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

一方カブリオレは、3L直6ガソリンターボ搭載の「435i」のみがラインナップされます。トランスミッションは、クーペ/カブリオレ共全車8速トルコン式ATとなります。又、標準グレードの他にデザインラインとして「スポーツ」(クーペのみ)と「ラグジュアリー」が設定される他、専用の内外装や足回りを備えるスポーティーグレード「Mスポーツ」もラインナップされます。

4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

4シリーズ カブリオレ 2015 (出典:bmw.co.jp)

装備面では、全車にタッチパッド採用の「iDriveドライブコントローラー」や「BMWヘッドアップディスプレイ」が標準装備される他、事故発生時に通信機能を使ってサポートする「BMW SOSコール」や「BMWテレサービス」、「前車接近警告機能」「衝突回避・被害軽減ブレーキ」「レーンディパーチャー・ウォーニング」から構成される「ドライビングアシスト」といった最新の安全装備も備わります。

更に2014年11月の一部改良で、全車に「アクティブ・クルーズコントロール」が標準装備されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます