「小型車はFF」の流れを変えるか?RR方式のコンパクトカーに注目

シェアする

現在市販されているコンパクトカーや軽自動車の大半が、駆動方式としてFF方式を採用しています。FF方式は、他の駆動方式と比べ室内スペースが広く取れるメリットがある為、絶対的なサイズに制約のある小型車にとって好適だからです。 一方、操縦性の面では、原理上どうしてもフロントヘビーになる為、FR方式などと比べ一歩を譲るとされますが、ファミリーカーの場合はそれも大きな問題とはなりません。

かつてはFR方式やRR方式の小型車が主流

このように現在では主流になっているFF方式ですが、かつては少数派で、FR方式やRR方式の小型車が主流でした。 殊にRR方式は、FF方式と同様ドライブシャフトが存在しない為スペース効率が良く、又FF方式のような複雑な駆動メカニズムも必要とされなかった為、軽自動車や大衆車に採用されるケースが多数ありました。

しかし、前輪荷重が小さい為、直進安定性が劣り、操縦性がオーバーステア傾向になる欠点がありました。 又、後にエンジンがある関係上、どうしてもラゲッジスペースが小さくなり、実用性の点でも難がありました。その後、FF方式の技術が成熟し、次々と市販車に採用されていくと、そのような欠点を持ったRR方式は徐々に廃れていきました。

小型車市場に新たなRRの流れ

現在、新車で購入出来るRR車は、ポルシェ911やスマートフォーツーなど、ごく一部の特殊な車種に限られます。しかし、今年に入り、RR方式の4人乗りコンパクトカーであるスマートフォーフォーと、ルノー・トゥインゴが欧州でリリースされました。両者は共通のプラットフォームを利用する姉妹車で、旧モデルは全く別の車種ながらどちらもFF方式だった為、共に駆動方式を180度転換した事になります。

Twingoのエンジンはリアのラゲッジスペース下にコンパクトに収まる

FF全盛の現在に、敢えてRR方式を採用した理由として、ルノーは「操縦性と小回り性能の向上」を挙げています。確かに、前輪荷重が少ないRR方式なら、FF方式よりもハンドリングの軽快性の点では有利で、前輪廻りのメカニズムがシンプルである分、原理上ステアリング切れ角を大きく取り易くなります。

一方、古典的なRR方式のドライバビリティ上の弱点であった直進安定性の欠如とオーバーステア特性の問題は、リアに搭載されるエンジンの軽量化に伴う従量配分の改善や、サスペンションセッティングの進歩、電子デバイスの搭載などにより、巧みに解消しているようです。又、ラゲッジスペースの面においても、やはりエンジンの小型化の恩恵で後部のスペースはFF方式に遜色なく、かつフロント部分にも荷物が積める為、むしろFF方式に勝ってさえいるようです。

RRながらリアのラゲッジは実用的なスペースを確保

こうして、RR方式のネガを改善したスマートフォーフォーとルノー・トゥインゴ。市場でどの程度受け入れられるのか、興味深いものがあります。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK