ダイハツ ブーン (3代目 M700S/710S ’16-):プラットフォームを刷新し基本性能や居住性を改善

シェアする

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

初代モデルが2004年にデビューしたダイハツ工業のAセグメントコンパクトカー「ブーン」は、2016年4月12日に6年ぶり2度目のフルモデルチェンジし、3代目モデルに移行しました。トヨタ自動車との共同開発であった従来モデルと異なりダイハツ単独での開発・生産が行われ、プラットフォームの刷新による基本性能向上やパッケージングの見直しによる居住性の改善などが図られました。

居住性に配慮したスタイリングを採用

ボディタイプは従来同様5ドアハッチバックのみの設定で、軽量高剛性化や空力特性の向上が図られたものとなっています。スタイリングは先代のイメージを受け継ぎながらも、取り回しや居住性に配慮し水平基調のベルトラインやルーフラインが採用された事が特徴となります。又、従来同様、トヨタ版の姉妹車種「パッソ」に対しフロント廻りやリア廻りに異なる意匠が採用されます。

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ボディサイズはパッソと同一の全長3,650~3,660mm×全幅1,665mm×1,525mmで、先代との比較においてもほぼ同等となっています。一方、ホイールベースは50mm延長され2,490mmとなり、車両重量は先代と同等若しくは若干軽い910kg~960kgとなります。又、トレッド拡大によるステアリング切れ角の増大により、最小回転半径は0.1m小さい4.6mとなっています。

低燃費技術を導入

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

駆動方式は従来同様FFとフルタイム4WDが設定され、サスペンション形式も同様にフロント:ストラット式/リア:トーションビーム式(FF)・トレーリングリンク式(4WD)が踏襲されます。エンジンは1L直3DOHCの1KR-FE型(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)をキャリオーバーしながら、新たにダイハツ独自の低燃費技術「e:Sテクノロジー」が導入されました。

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

トランスミッションは先代同様全車CVTで、JC08モード燃費は先代の21~27.6km/Lからガソリン登録車トップレベルの24.4~28km/Lへと向上を果たしました。室内面では、前後乗員間の距離が拡大されると共に、メーターパネルのデザイン刷新やシフトレバー位置の移動(ステアリングコラムからインパネ上に)などが図られました。

衝突被害軽減ブレーキを設定

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

又、安全装備面ではヒルホールドシステムや全席シートリマインダー、エマージェンシーストップシグナルなどが全車に標準装備される他、単眼カメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーから構成される衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシストⅡ」がこのクラスとして初めて設定されました。

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ ブーン 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

グレード体系は、標準グレード「X」と専用フロントマスクなどが備わる上級グレード「シルク」の2タイプが基本で、更にXには「SAⅡ」「Lパッケージ」「LパッケージSAⅡ」「GパッケージSAⅡ」が、シルクには「SAⅡ」「GパッケージSAⅡ」が設定され、いずれも「SAⅡ」の名が付くグレードがスマートアシストⅡ装着車となっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます