ダイハツ トール/カスタム (’16-):軽自動車のノウハウを投入した小型トールワゴン[M900S/910S]

シェアする

ダイハツ トール カスタム 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ トール カスタム 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ工業は2016年11月9日、小型トールワゴン「トール/トールカスタム」を発売しました。軽自動車開発で培ったノウハウが投入されたモデルで、コンパクトなサイズによる取り回しの良さや、ユーティリティーの高さがセリングポイントとなっています。また、同時にデビューしたトヨタ自動車の「ルーミー/タンク」、富士重工業の「ジャスティ」とは姉妹車種の関係となります。

両側スライドドアを採用

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ボディタイプは、トール/トールカスタムともに後席用両側スライドドア(※グレードにより片側または両側が電動スライド式)が備わる5ドアとなっています。スタイリングは、「リトルジャイアント」をコンセプトに押し出しの効いたデザイン・テイストが導入された他、トールとトールカスタムでは全く異なる意匠のフロントマスクが与えられました。

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ボディサイズは全長3,700mm(トール)/3,725mm(トールカスタム)×全幅1,670mm×全高1,735mmの5ナンバーサイズで、ホイールベースはコンパクトカー「ブーン」と同一の2,490mmとなっています。このディメンションは、全幅が若干広い事を除けば競合車種となる「スズキ・ソリオ/ソリオバンディット」とほぼ同等となっています。

ターボ車も用意

一方、車両重量は1,070~1,130kgで、1トンを切るソリオ/ソリオバンディットよりも重くなっています。エンジンは、ブーンにも搭載される1L直3 NAの1KR-FE型(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)と、新開発された1L直3ターボの1KR-VET型(最高出力98ps/最大トルク14.3kgm)を用意、トランスミッションは全車CVTとの組み合わせとなっています。

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

駆動方式はFFの他、NAエンジン車にはフルタイム4WDも設定されます。また、全車に停車前アイドリングストップ機構が装備され、JC08モード燃費は21.8~24.6km/Lを実現しています。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがFFはトーションビーム式、4WDはトレーリングリンク式で、ブーンと共通の形式となっています。

「スマアシⅡ」も設定

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

一方室内は、水平基調のインパネや広いガラスエリアによる視界の良さとともに、室内長2,180mm、室内高1,355mmの広々とした空間が備わる点が特徴となっています。さらに、ダイブインやフルフラット化が可能なリアシートなど、使い勝手も配慮された仕様となっています。安全装備面では、SRSサイド&カーテンシールドエアバッグシステムがオプション設定されました。

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

ダイハツ トール 2016 (出典:daihatsu.co.jp)

また、衝突被害回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能、車線逸脱警報機能、誤発進抑制制御機能(前方/後方)、先行車発進お知らせ機能から構成される「スマートアシストⅡ」も設定されました。グレード体系は、トールは下から「X」「G」「Gターボ」、トールカスタムは「カスタムG」「カスタムGターボ」が基本ラインナップとなっています。

トール/カスタムの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます