ホンダ クラリティフューエルセル (ZC4 ’16-):リース販売が開始されたホンダの燃料電池車第3弾

シェアする

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

本田技研工業は2016年3月10日、2002年発売の「FCX」、2007年発売の「FCXクラリティ」に次ぐ燃料電池車第3弾となる「クラリティフューエルセル」のリース販売を開始しました。従来から燃料電池スタックを大幅に小型化すると共にモーターのマウント方式を変更し、燃料電池車として世界で初めてパワートレイン一式をボンネット内に収める事に成功したモデルとなりました。

空力特性を追及

ボディサイズは全長4,915mm×全幅1,875mm×全高1,480mmで、FCXクラリティからそれぞれ30mm×30mm×10mm拡大されました。ライバルの「トヨタ・MIRAI」と比較すると全長・全幅が若干大きく、全高は低いディメンションとなっています。ホイールベースはFCXクラリティより50mm短い2,750mmとなった一方、車両重量は260kg増加し、MIRAIよりも40kg重い1,890kgとなっています。

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

4ドア6ライトウィンドウのボディは、FCXクラリティのイメージを受け継ぎながらも空力特性が更に追及され、ホイールハウスから発生する気流の乱れを整える「リアエアカーテンダクト」や「リアタイヤカバー」が採用されました。一方、5人乗りとなる室内はパワートレインの小型化により居住性が改善されると共に、デジタルグラフィックメーターが備わるモダンなインパネが採用されました。

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

トヨタMIRAIを凌ぐ航続性能

駆動方式はFCXクラリティやMIRAIと同様FFで、交流同期型モーターのスペックは最高出力140ps/最大トルク30.6kgmとなりFCXクラリティから4ps/4.5kgm向上しました(MIRAIは最高出力154ps/最大トルク34.2kgm)。又、一充填走行距離はFCXクラリティを30%上回る750kmとなり、MIRAIの650kmを凌ぐ航続性能を実現しています。

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

サスペンション形式は、フロント:マクファーソンストラット式/リア:マルチリンク式となっています。装備面では、運転支援システムとして衝突軽減ブレーキ、歩行者事故低減ステアリング、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール、車線維持支援システム、路外逸脱制御機能、誤発進抑制機能から構成される「Honda SENSING」が標準装備されます。

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

更に、安全装備としてSRS7エアバッグシステムや車両接近通報装置が備わる他、旋回性を向上させる「アジャイルハンドリングアシスト」も装備されます。又、快適装備として運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシートや前後4席分のシートヒーター、Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器+8スピーカー、遮音機能付ガラスなどが採用されます。

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

ホンダ クラリティ フューエルセル 2016 (出典:honda.co.jp)

車両価格は766万円で(MIRAIは723.6万円)、まず法人向けのリリース販売のみが行われ、1年半程後に一般向けの販売が開始される予定となっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます