ホンダ フィット (最新型 3代目 GK3-6 2013):キープコンセプトでハイブリッドを主軸に

ホンダ フィット '13 (出典:favcars.com)

ホンダ フィット ’13 (出典:favcars.com)

フィット3の特徴

ホンダのベストセラーコンパクトカー「フィット」は、「フィットハイブリッド」と共に2013年9月に6年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、現行型となりました。ワンモーションフォルムのスタイリングや、センタータンクレイアウトなどの初代からの特徴を継承しつつ、全面的にリニューアルされています。

ボディサイズは全長3,955mm×全幅1,695mm×全高1,525mm~1,550mmで、全長が若干拡大されたものの、全幅に関しては3ナンバーサイズが踏襲されました。車両重量は、970kg~1,120kgで、先代よりも40kg程軽量化されました。又、エクステリアやダッシュボードのデザインは、従来よりアグレッシブなイメージになりました。

プラットフォームとパワートレインを刷新

プラットフォームは一新され、それに伴いホイールベースが30mm延長されて2,530mmとなりました。又、サスペンションも、前マクファーソン式/後リジッドアクスル式(FF)・ドディオンアクスル式(4WD)の形式こそ踏襲したものの、新設計のものが採用されました。それらの改良により、操縦安定性と乗り心地の向上が図られました。

パワートレインも、エンジン、トランスミッション共に刷新されました。エンジンは、1.3L/1.5L共に従来のSOHCからDOHCに変更され、更に1.3Lはアトキンソンサイクルが採用され、1.5Lは直噴化されました。型式は前者がL13B型、後者がL15B型となり、最高出力と最大トルクは、それぞれ100ps/12.1kgm、132ps/15.8kgmへと向上しました。

トランスミッションは、CVT仕様はレンジレシオを拡大した新開発のものが採用され、エンジンの改良と相まって燃費の向上を果たしました。駆動方式は先代同様FFと4WDが用意され、4WDモデルのAT仕様は、従来の5速トルコン式に代わりこのCVTが採用されました。又、先代同様、1.3Lのベースグレードは5速MTが、1.5Lの「RS」は6速MTが選択可能となっています。

安全装備を充実。全体的にリファイン

機能面では、安全装備の強化が重点的に行われ、横滑り防止装置「VSC」やエマージェンシーストップシグナルが全グレードに標準装備された他、衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキアクティブシステム」がオプション設定されました。又、前席・後席共に居住性の更なる改善が図られました。2014年10月の一部改良では、装備の充実が図られました。

3代目フィットは、発売当初は販売が好調だったものの、ハイブリッドモデルのトランスミッションの不具合によるリコールが発生し、生産が滞った為やや躓きを見せました。その後一旦は建て直したものの、SRSエアバッグシステムの不具合により再度リコールが発生し、ベストセラーとはいえ人気は若干陰りを見せています。

フィット/ハイブリッドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フィット/ハイブリッドの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

フィットの歴史

ホンダ フィット '06 (出典:favcars.com)

ホンダ フィット ’06 (出典:favcars.com)

ホンダのコンパクトカー「フィット」は、「ロゴ」の後継モデルとして2001年6月に発売されました。ロゴは、凡庸な設計と没個性的なスタイリングが災いして人気が低迷し、商業的には失敗に終わりました。その反省から、フィットでは革新的なレイアウトを採用するなどの新機軸が取り入れられました。

センタータンクレイアウトが特徴

車名のフィットは、英語の「ぴったり」の意味で、あらゆる生活に「ぴったりフィットする」車でありたいという願いが込められていました。プラットフォームは一新され、最新の「グローバル・スモールプラットフォーム」が採用されました。このプラットフォームは、燃料タンクをフロントシート下部に設置した「センタータンクレイアウト」が特徴でした。

ボディは、5ドアハッチバックのみが用意され、コンサバに過ぎたロゴからは一転し、ワンモーションフォルムの斬新なスタイリングを持っていました。ボディサイズはロゴよりも一回り拡大され、居住性を重視して全高が高めに設定されたのが特徴でした。

ホンダ フィット '06 (出典:favcars.com)

ホンダ フィット ’06 (出典:favcars.com)

パワートレインは、まず新開発の1.3L直4エンジンとCVTの組み合わせが用意され、後に1.5Lモデルや5速MT仕様が追加されました。駆動方式はFFがベースで、デュアルポンプ式フルタイム4WDも用意されました。サスペンションは、前マクファーソンストラット式/後リジッドアクスル式(FF)・ドディオンアクスル式(4WD)が採用されました。

初代フィットは、従来のコンパクトカーの概念を覆す優れたスペースユーティリティと、走行性能の高さが競合車種に対するアドバンテージでした。乗り心地の硬さなど、一部に欠点もあったものの、トータルバランスの良さが消費者に評価され、発売開始と同時にベストセラーになりました。

ハイブリッドモデルの追加などで、2代目も好調

ホンダ フィットHV '12 (出典:favcars.com)

ホンダ フィットHV ’12 (出典:favcars.com)

2007年10月にフルモデルチェンジが実施され、2代目となりました。キープコンセプトのモデルチェンジにより、外観の印象は初代モデルと類似し、独自のセンタータンクレイアウトも踏襲されました。しかし、パワートレインが改良され、エンジンがi-VTEC仕様に進化すると共に、トランスミッションの変更も行われました。

又、2010年10月には、派生モデルとして「フィット・ハイブリッド」が追加されました。ハイブリッド専用車「インサイト」と同じパワートレインを搭載し、優れた燃費性能を実現していました。2代目フィットは、初代モデルがデビューした時のようなインパクトには欠けたものの、完成度の高さとハイブリッドモデルの追加により、初代同様ベストセラーとなりました。

新型は全面的に改良されるも、リコール問題が発生

ホンダ フィットHV '13 (出典:favcars.com)

ホンダ フィットHV ’13 (出典:favcars.com)

そして、2013年9月に二度目のフルモデルチェンジを実施し、新型(フィット3)となりました。プラットフォームやパワートレイン、サスペンションに至るまで全面的に刷新され、燃費や走行性能、快適性が改善されました。又、新たに衝突被害軽減ブレーキがオプション設定されるなど、安全性も進化しました。

この現行型モデルも基本的に販売は好調であるものの、トランスミッションやエアバッグシステムに係る度重なるリコール問題により、人気にはやや陰りが見えています。フィットは、専門家筋からの評価も高く、初代モデルが2001年日本カーオブザイヤーと2002年RCJカーオブザイヤーを、2代目モデルが2007年日本カーオブザイヤーを受賞しています。

ホンダ フィット歴代モデル

初代 GD1-4 (’01-’07):優れたスペースユーティリティーを実現し大ヒット

ホンダ フィット '06 (出典:favcars.com)

ホンダ フィット ’06 (出典:favcars.com)

フィットの初代モデルは、2001年6月に「ロゴ」の後継モデルとして発売されました。ロゴは、スタイリングやパッケージングが平凡で、「トヨタ・ヴィッツ」や「日産マーチ」等の競合車種に太刀打ち出来ず、販売が低迷していました。その反省もあり、フィットでは車名の変更と共に他車と差別化する対策が取られました。

5ドアハッチバックのボディは、ワンモーションフォルムの個性的なスタイリングとCピラーにウィンドウを備える点が、他のコンパクトカーとは異なっていました。ボディサイズは、全長3,830mm×全幅1,675mm×全高1,525mm~1,550mmで、ロゴよりも一回り大きく、居住性を重視した為全高が高く設定されていました。

初代フィットの詳細へ

2代目 GE6-9 (’07-’13):更に完成度が高まり、初代に続きベストセラーに

ホンダ フィット '09 (出典:favcars.com)

ホンダ フィット ’09 (出典:favcars.com)

フィットはデビューから6年後の2007年10月にフルモデルチェンジを実施。2代目となりました。初代モデルがベストセラーとなった為、キープコンセプトのモデルチェンジが行われ、スタイリングは初代のワンモーションフォルムを受け継ぎ、好評の一因となったセンタータンクレイウトも踏襲されました。

ボディサイズは、全長3,900mm×全幅1,695mm×全高1,525mm~1,550mmで、全長と全幅が若干拡大されました。又、ホイールベースが50mm延長され、2,500mmとなりました。ボディ形状は先代と同様、Cピラー部にウィンドウを備える5ドアハッチバックが採用されました。車両重量は若干重くなり、1,010kg~1,160kgとなりました。

2代目フィットの詳細へ

フィット/ハイブリッドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フィット/ハイブリッドの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

ホンダ フィットの関連記事

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます