ホンダ グレイス/ハイブリッド (GM4/5/6/9 ’14-):フィットベースの希少な5ナンバーセダン

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

ホンダの小型4ドアセダン「グレイス」は、2014年2月にハイブリッド専用車としてデビューし、追ってガソリン車も追加されました。ベストセラーコンパクトカー「フィット」とメカニズムを共有するモデルで、ホンダとしては2009年に生産終了となった「フィットアリア」以来の5ナンバーセダンとなり、上級クラスに匹敵する居住性がセリングポイントとなっています。

スタイリングは、近年のホンダ車のアイデンティティーとなっているブーメラン状のフロントグリルを備えると共に、ボディ側面のキャラクターラインにより流麗なプロポーションが強調されたものとなっています。ボディサイズは全長4,490mm×全幅1,695mm×全高1,475~1,500mm、ホイールベースは2,600mmで、車両重量は1,110~1,270kgとなっています。

パワートレインはフィットと共通

駆動方式はFF及びフルタイム4WDで、サスペンション形式はフィットと同様の前:マクファーソンストラット式/後:リジッド・アクスル式(FF)・ドディオン・アクスル式(4WD)を採用します。パワートレインは、まず最初にフィットハイブリッドと共通の1.5L直4エンジン+モーター+7速DCTから構成される「スポーツハイブリッドi-DCD」が用意されました。

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

スペックはフィットハイブリッドと同一で、エンジンが最高出力110ps/最大トルク13.7kgm、モーターが最高出力29.5ps/最大トルク16.3kgmとなり、JC08モード燃費はフィットハイブリッドよりやや劣る29.4~34.4km/Lとなっています。インテリア面では、上質感に拘ると共に広々とした室内空間と乗降性の高さ、そして広いトランクスペースを実現しています。

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

最上級グレードに衝突被害軽減ブレーキを装備

グレード体系は下から「DX」「LX」「EX」の3種類が設定され、この内「EX」には衝突被害軽減ブレーキの「シティブレーキアクティブシステム」と「前席iサイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」から構成される「あんしんパッケージ」が標準装備されます。そして2015年6月に、1.5L直4のL15B型エンジン(最高出力132ps/最大トルク15.8kgm)を搭載するガソリンモデルが追加されました。

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

トランスミッションはCVTで、JC08モード燃費は19.4~21.8km/Lとなっています。グレードは「LX」のみで、ハイブリッド同様FFとフルタイム4WDが設定されます。又、ガソリンモデルのみの装備として、ドアの施錠・開錠に連動してドアミラーが自動的に開閉する「オートリトラミラー」が採用されました。そして2015年9月の一部改良の際に、ハイブリッド車にも全グレードにオートリトラミラーが採用されました。

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

ホンダ グレイス 2015 (出典:honda.co.jp)

同時に、ハイブリッド「LX」と「EX」に、リアワイドカメラやオーディオリモートコントロールスイッチ、デジタルTV用プリントアンテナなどから構成される「ナビ装着車スペシャルパッケージ」が標準装備されました。

グレイスの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ホンダ グレイスの関連記事

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます