ホンダ ヴェゼル (RU-1-4 ’13-):ニュータイプのクロスオーバーモデルとしてヒット

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ホンダ「ヴェゼル」は、ベストセラーコンパクトカー「フィット」をベースに、SUVとクーペとミニバンの3要素を融合させたニュータイプのクロスオーバーモデルとして、2013年12月に発売されました。斬新な企画性と共に、スペースユーティリティーや走行性能、環境性能など全方位に気を配ったモデルである事が特徴となっています。

独特なスタイリングと扱い易いサイズ

スタイリングは、実用性の高い5ドアハッチバックボディでありながら、後部ドアノブがインビジブル処理されており、一見すると3ドアのように見える巧妙なデザインとなっています。又、流麗なボディラインと彫りの深いプレスラインにより、独特の存在感を醸すと共に、優れた空力特性を実現しています。

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ボディサイズは、全長4,295mm×全幅1,770mm×全高1,605mmで、フィットより一回り拡大されているものの、クロスオーバーモデルとしてはコンパクトな扱い易いサイズとなっています。ホイールベースはフィットよりも延長され2,610mmとなり、車両重量は1,180kg~1,380kgとなっています。又、フィットで好評のセンタータンクレイアウトを踏襲し、優れた居住性と荷室スペースを実現しています。

ハイブリッドシステムは性能向上型

パワートレインは、1.5Lガソリンエンジン+CVTとハイブリッドシステム+7速DCTの2種類が用意されます。ガソリンモデルには、フィットと共通のL15B型エンジンが搭載され、最高出力と最大トルクは131ps/15.8kgmで、最高出力がフィットより1ps小さい数値になっています。一方、ハイブリッドモデルは、基本的にフィットハイブリッドと同一の「スポーツハイブリッドi-DCD」と呼ばれるLEB型が搭載されています。

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ただし、ヴェゼル用システムに搭載される1.5Lエンジンは直噴化され、最高出力と最大トルクはフィットハイブリッドを大きく凌ぐ132ps/15.9kgmとなっています。それに組み合わせられるモーターは、フィットと同一の交流同期型で、29.5kw/16.3kgmのスペックも同一となっています。システム最高出力は、フィットハイブリッドを15ps上回る152psとなっています。

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド (出典:honda.co.jp)

駆動方式は、ガソリン、ハイブリッド共にFFとフルタイム4WDが用意されます。サスペンションは、フロントのマクファーソンストラット式は共通で、リアはFFがリジッドアクスル式、4WDがドディオンアクスル式となっています。又、クロスオーバーモデルでありながら、操縦安定性を追求した足回りのセッティングが行われています。

ヴェゼルは、新カテゴリーの車種ながら、スタイリッシュなデザインやフィット譲りの居住性と使い勝手の良さ、バランスの取れた走行性能、燃費の良さなどトータルバランスに優れている為、発売と同時にヒットし、現在も好調な販売を維持しています。

ヴェゼル/ハイブリッドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ヴェゼル/ハイブリッドの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

ホンダ ヴェゼルの関連記事

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます