【試乗】トヨタ 新型プリウスの評価:先代よりも静粛性が大幅アップ

シェアする

トヨタ プリウス 2015

トヨタ プリウス 2015

2015年12月9日にフルモデルチェンジを実施した4代目となる新型プリウス。新型プリウスの特徴は何といっても燃費性能。燃費特化グレードとなる「E」ではJC08モード燃費で40.8km/Lと、ついに燃費がリッター40km/Lを超えました。

これまでのプリウスと言えば、ハイブリッドによる燃費性能が最優先で、軽量化のために内装は簡素、静粛性に寄与するインシュレーターなど見えない部分も簡素化。空力性能を高めるためにルーフ後端を絞り込み、後席のヘッドスペースは少なく、モーターが付加されるハイブリッドシステムのコスト増を補うためにサスペンションを安くてシンプルなトーションビーム式をリヤに採用するなど「すべては燃費のために」というコンセプトの車だった。

新型プリウスになって何が変わったか

トヨタ プリウス 2015

トヨタ プリウス 2015

新型プリウスはスペック的には先代プリウスとあまり大差がない。これまで人気車種のフルモデルチェンジといえば、先代よりも大きなボディー、ゆとりの空間、排気量の増加、質感の向上などを行ない、その代わり価格は1ランクアップというのが定石だった。

新型プリウスの場合、プリウス最大のポイントとなるハイブリッドシステムは排気量アップを行わず、既存ユニットの「改良」という形でフルモデルチェンジを実施してきた。

ボディサイズは全長4,540mm×全幅1,760mm×全高1,470~1,475mmで、先代から全長が60mm、全幅が15mm拡大、全高は15~20mm低くなりました。ホイールベースは同一の2,700mm。全長・全幅を拡大しているので先代プリウスよりも大きく見えるものの、全高を抑え、低重心にして走行性能を高める方向にシフトしています。

また、サスペンションもリアをコストの高いダブルウィッシュボーン式に変更し、走行性能向上への意欲が見えます。

乗り込んでみて:質感は向上。しかしセンスは…

トヨタ プリウス 2015

トヨタ プリウス 2015

新型プリウスに乗り込んでみて感じるのは質感の向上。ただし、レクサスのようなわかりやすい高級感はなく、あくまでも各所の造りが良くなったという意味での質感向上。内装面で気になるのはハンドルやセンターコンソール周りにあしらわれた白い樹脂パネル。

スズキ ハスラーでも採用された白い樹脂パネル。ハスラーの場合はポップな軽SUVというキャラクターにマッチして、黒やグレーの暗いインテリアの多い日本車の内装とは一線を画すものだったが、プリウスの白い樹脂パネルはあまり良い印象を感じない。好みの問題があるものの、この辺はあまりセンスの良さを感じられないのもトヨタらしいかもしれない。

トヨタ プリウス 2015

トヨタ プリウス 2015

後席の居住性はかなり良くなった。ボディサイズが大きくなった事で、ルーフ後端を空力の為に絞り込むスタイリングが先代プリウス同様なものの、後席のヘッドスペースに余裕ができた。足元スペースも十分で、これなら4人乗車での長距離走行も苦にならない。

走ってみて:静粛性・快適性が大幅向上

新型プリウスの一番のセールスポイントと言えるのが、乗り心地・静粛性の大幅アップと言える。先代プリウスは軽量化の為に見える部分・見えない部分まで徹底的に軽量化していた為、軽自動車やリッターカーに乗った時に感じる薄っぺらさ、軽くてカサカサした乗り心地で、燃費以外の部分ではプリウスに乗っている喜びを感じにくい車だったが、新型プリウスでは大きく変わった。静粛性が高く・乗り心地もシットリしている。車格が2ランクくらいアップした印象を受ける。

路面から受ける衝撃の吸収もコストの高いダブルウィッシュボーン式の恩恵を感じる事ができる。上級モデルとなるAプレミアム“ツーリングセレクション”、Aプレミアム、A“ツーリングセレクション”、Aには遮音性フロントドアガラス採用するなど、今までのプリウスとは決別するかのような気合の入った対策が行われている。

ただし、上級モデルに装備される17インチタイヤのロードノイズは非常に気になった。せっかくの遮音性向上も走行性能としては不要と思われる17インチタイヤの設定によって、勿体ない気がする。

走行フィーリングはやっぱりトヨタ

新型プリウスはスポーツカーではなく、エコカーなので当たり前かもしれないが、官能的な加速フィーリングやドキドキするようなハンドリングの車ではない。

必要十分な加速性能、不安感のない安心できるハンドリングは日本車、特にトヨタ車特有のドライブフィールと言える。しかし、それはレベルが低いという事では全くなく、エンジンとモーターという全く特性の異なるパワーユニットを絶え間なく切り替えながらも、ほとんど違和感のない普通のクルマのように走らせてしまう技術力は間違いなく世界一の技術と言える。

総合評価:内外装デザインが気に入れば間違いなく買いの一台

トヨタ プリウス 2015

トヨタ プリウス 2015

デザイン、特にフロントフェイスがかなりアグレッシブで好みの分かれる新型プリウス。好きになれない人も多いと思う。しかし、こういった奇抜なデザインも時間がたてば見慣れてくるし、もっとアグレッシブなデザインの車が発売されれば、印象も薄らぐ。

ハードウェアの出来としては間違いなく最高の車となっており、新型プラットフォームの採用やダブルウィッシュボーンサスの採用、見えない部分へのコスト投入で、価格以上のお買い得感を感じる。何より世界最高水準の技術を持つトヨタハイブリッドシステムの最新ユニットを搭載していて価格は240万円台から。

日本では不人気のカテゴリーとなる「セダン」だからこそ、この値段でこの内容の車を買えると考えると、上級グレードが300万円を超える小型SUVよりもコストパフォーマンスの良い買い物ではないだろうか。

プリウスの購入を検討中なら、こちらもチェック!

プリウスの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます