過走行車はお買い得か?経験者が語るメリットとデメリット

シェアする

kasoukou

高級車を安く買いたい!そんな時は「過走行車」

新車価格は高い!でも、出来れば安い値段で高級車を安く買いたいもんですよね。そんな時に考えるのは「過走行車」ですよね。

私も過去に4台ほど過走行車を購入しました(笑)だって欲しかったんだもん。では、そんな気になる過走行車、どんなところにドコを気を付けておけばいいでしょうか。

まずは定番、カーセンサーで相場チェック

中古車をカーセンサーなどのインターネットで検索して、安い順に並べると、安い方の上位はいわゆる「過走行車」と「修復歴あり」の車がズラリと並んでいます。

 さて、この「過走行車」はお買い得でしょうか?もちろん、一概には言えないですが、購入した後の使い方や選び方によっては「お得」と言える場合もあります。

 まず、買ってからどう使うかについてですが、「どの程度の期間使用するつもりで買うか?」です。大きく分けると

  • 1~2年くらい乗って、次の車に買い替えたい
  • 5年は乗ってやる!

という2択だとしたら、どっちが近いでしょうか?

「1~2年くらい乗って買い替えたい」としたら、売る時にも走行距離が多い分、査定が下がるので、過走行車はあまりオススメできません。安く買った分、売る時も安いので、差し引きであまり差が出ません。

 「5年は乗ってやる!」という場合は、5年経過すれば車の残存価値は大きく減少している(もしくはゼロになっている)ので、あまり売る時の値段は気にならなくなります。

おすすめの過走行車とは?

 次に車種で見ると、大雑把に言って大型車(特に高級セダン)の1オーナー車はオススメ、小型車、高級車でも年式の古い複数オーナー車はあまりオススメできません。

 大型車、特にクラウン、フーガなどセダンの1オーナー過走行車は、法人所有、つまり会社名義で利用するケースが多く、一回の走行距離が長い場合が多く、個人所有の小型車は短い場合が多いです。

 一度に100キロ走る場合と、10キロを10回走って100キロになる場合を考えると、走行距離は同じでも、乗り降りは10倍なので、ドアやシートのヘタリ具合などは10倍となり、痛みが早くなります。実物を見た時にシートやハンドル、シフトノブの摩耗が激しい車は避けた方が無難です。

法人車両は整備がシッカリされている場合が多い

 法人車というのは、会社所有であることから、整備費用が「経費」扱いで管理されていることから、タップリとメンテナンス費用が掛けられる事が多く、個人所有だった車両よりオススメと言えます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK