ヤフオクで中古車を買うのはアリ?気を付ける事まとめ

シェアする

yafuoku_matome

ヤフオクで車を買うのはアリ?ナシ?

ヤフオクで中古車を買うのはアリかナシか?一概に判断するのは難しいですが、これまでヤフオクで中古車を4台落札し3台購入(1台は現車確認でキャンセル)した経験を元にまとめてみたいと思います。

ヤフオクでの中古車購入体験記事

「プロの業者か、クルマ好きの個人か」を見抜く

まず、重要なのが、「出品者が何者か」を見抜くことです。プロの業者の場合、利益を上げる事が目的なので、業者オークションで自動車を買ってきて、利益(1台あたり仕入れ値+約20万円くらい)を乗っけてヤフオクに出品します。

基本的に「ビジネス」なので、短期間で売りやすい個体を選んで仕入れています。中古車店の店頭やカーセンサーなどで見るよりも同じ車種なら「安い」事が重要なので、当然、安く仕入れられるクルマです。多い傾向として以下があります。

  1. 過走行車(メーター巻き戻しありのクルマも含む)
  2. 事故歴ありのクルマ
  3. 並行輸入車(正規ディーラー経由の輸入でない外車)

この他にも金融車や車検証のない(名義変更して公道が走れない)車両などがあります。

ヤフオクにおける専門業者の見抜き方

プロの専門業者の出品は以下の傾向があります。

  1. 過去の出品、現在の出品を調べると車を大量に取り扱っている(プロなら多数のクルマ出品歴がある)
  2. 「知り合いのクルマを代わりに出品しています」と書いてある(名義が違う、出品車両の詳細について詳しくない事をゴマかすためです)
  3. 写真がすごくキレイ。公園やオシャレなマンション前などでピッカピッカに磨いて一眼レフで撮ってることが多い(写真撮影に慣れている)

jaguar_xjr1

上記のジャガーXJRの写真は、私が実際に購入した車両がヤフオクに出品されていた際のものです。高級マンションの駐車場入り口(?)で、非常に高級感タップリに撮影されています。

「大事に乗られた個人出品車」は買い

逆に大事に扱ってきた個人出品のクルマは以下のような傾向があります。

  1. これまでの部品交換履歴や不具合の箇所、その時、どのような修理を行ったかが事細かに書いてある
  2. 出品の期限が非常に短い(転勤などで手放す必要が出来た、など)
  3. ローンや下取りには対応していない
  4. 交換した純正部品が取ってある

などです。個人オーナーの場合、特に流通台数の少ないスポーツカーやちょっとレトロな車の場合、とても大事にメンテナンスされていて、どんな整備をしてきたか、トラブルの出やすい個所など詳しい情報を教えてくれたりするので、そんな場合は中古車店で買うよりも安心して買う事が出来ます。

ちょっと変わった趣味性の高い車は買取店での査定額が付きにくい為、ヤフオクに出品されるケースが多いです。

業者から買う時には気を付けて!可能なら車に詳しい人に同行してもらう

プロの業者から買うことは、実際に車両を見て、値段が安い理由をしっかりと納得したうえで気に入ったら悪くないですが、プロ相場の流通価格に利益が乗ってますし、基本が「ノークレーム・ノーリターン」なので、気軽に手を出すと乗っている期間のトータルでは損をしてしまう事もあります。十分に気をつけましょう。(散々授業料を払った私が言う事でもないですが…)

そう簡単には「掘り出し物」に巡りあえない

洋服や雑貨などであれば、不用品を捨てるよりはヤフオクで売った方が… という人も多いので、掘り出し物がけっこうあると思いますが、中古車の場合は単価も高く、しっかりと中古流通市場が出来ている世界。そんなに掘り出し物はないと思った方がいいと思います。ざっと見ると、車種によりますが、今では8割くらいが業者出品ではないでしょうか。

店頭でなかなか売れないクルマを、業者オークションで売るよりは、利益少なめでもヤフオクで売った方が儲かる(早く現金化できる)ので、アウトレット的に出品している業者もいます。それを理解して買うならお得な場合もあると思います。

ヤフオクで自動車を購入する際には、これらの事に気を付けて交渉をすすめましょう。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK