レクサス GS (2代目 S1♯ ’12-):スピンドルグリルを初めて採用したアッパーミドルセダン

シェアする

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサスブランドとして「LS」に次ぐクラスに位置するアッパーミドルセダン「GS」は、2012年1月にフルモデルチェンジを実施し、国内向けとしては2代目(北米向けは4代目)となる現行型になりました。コンサバティブな雰囲気だった先代から一転し、以降レクサスブランドのアイデンティティとなる「スピンドルグリル」を初めて採用しアグレッシブにイメージチェンジしました。

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

スタイリングは、基本的なプロポーションは先代同様のオーソドックスな4ドアセダン型ながら、前述にようにスピンドルグリルを採用した事により一目でレクサス車と分かるアイコン性が備わりました。ボディサイズは全長4,850mm×全幅1,840mm×全高1,455mmで先代から若干拡大され、ホイールベースは同一の2,850mm、車両重量は1,640kg~1,760kgとなっています。

パワートレインをダウンサイジング

サスペンション形式は、先代同様の前:ダブルウィッシュボーン式/後:マルチリンク式を踏襲し、一部グレードにダンパーの減衰力を自動調整するAVSが設定されました。パワートレインは4.6 V8が廃止され、代わりに2.5L V6が加わり先代から踏襲する3.5L V6との2本立てでスタートしました。駆動方式はFRがベースで、3.5L車にフルタイム4WDが設定される点は先代同様となっています。

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

グレードは2.5Lエンジン搭載の「GS250」と3.5Lエンジン搭載の「GS350」の2種類が基本で、前者はD-4(直噴)を採用した4GR-FSE型(最高出力215ps/6,400rpm・最大トルク26.5kgm/3,800rpm)、後者はD4S(直噴+ポート噴射)採用の2GR-FSE型(最高出力318ps/6,400rpm・最大トルク38.7kgm/4,800rpm)となります。トランスミッションは、共に6速トルコン式ATが組み合わせられます。

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

インテリアはインパネのデザインが一新された他、世界最大クラスの12.3インチ液晶ディスプレイや、カーナビやオーディオを遠隔操作出来るリモートタッチの採用が特徴となります。又、パッケージングが改善され、後席スペースやラゲッジスペースの拡大が図られた事も美点となっています。装備面では、4つの走行モードを選択出来る「ドライブモードセレクト」が全車に標準装備されます。

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

又、「GS250」「GS350」共に走行性能を追求したグレード「Fスポーツ」が新たに設定されました。専用デザインの内外装や専用サスペンション、大径フロントディスクブレーキが備わる他、可変ギアレシオステアリングと後輪操舵システムを組み合わせた「LDH」(レクサス・ダイナミック・ハンドリング・システム)の採用により、優れた操縦安定性を実現したモデルとなっています。

2種類のハイブリッドを追加

そして同年3月、3.5L V6アトキンソンサイクルエンジン(最高出力295ps)とモーター(最高出力200ps)を組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する「LS450h」が追加されました。車両重量は1,820kg~1,860kgで先代の同グレードから軽量化された他、パワートレインの高効率化が図られた事により、JC08モード燃費は12.8km/Lから18.2km/Lへと大幅な向上を果たしました。駆動方式は先代同様FRのみとなります。

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス GS 2015 (出典:lexus.jp)

次いで2013年10月に一部改良を実施し、内外装や装備の一部変更が行われた他、「GS350」FR車のトランスミッションが8速化された「8-Speed SPDS」に変更されました。同時に、最高出力178psの2.5L直4アトキンソンサイクルエンジンと最高出力143psのモーターを搭載し、JC08モード燃費23.2km/Lを実現したハイブリッドモデル「GS300h」が追加されました。

そして2014年9月、一部改良によりシャークフィンアンテナや新SDナビゲーションシステムを採用するなどの仕様変更が行われました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます