メルセデス・ベンツ CLAクーペ (C117 ’13-):Aクラスベースのスタイリッシュな4ドアクーペ

シェアする

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツのクーペ/シューティングブレークの「CLAクラス」は、まずクーペが2013年1月に開催されたデトロイトショーで発表され、同年7月に日本での販売が開始されました。Cセグメントハッチバック車「Aクラス」のプラットフォームやパワートレインを流用しながら、スタイリッシュなボディにより全く別のモデルに生まれ変わると共に、「CLSクラス」の弟分的な存在ともなっています。

CLSのイメージを受け継ぐボディ

ボディ形状はクーペを名乗るものの実質的に4ドアセダンで、ボディ前半部はAクラスに類似したデザインながらも、全体的にはCLSクラスを縮小したような流麗なフォルムを持ちます。空力特性にも配慮し、Cd値は0.23と優秀な数値になっています。ボディサイズは全長4,640~4,690mm×全幅1,780mm×全高1,430mmで、全長がAクラスよりも400mm近く延長され、ほぼ3代目「Cクラス」に近いサイズとなっています。

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

ホイールベースはAクラスと同一の2,700mmで、車両重量は40~50kg増加し1,470~1,600kgとなっています。サスペンションはAクラス同様の前:マクファーソンストラット式/後:マルチリンク式で、駆動方式も同様にFFとフルタイム4WDが設定されます。エンジンは欧州仕様にはディーゼルもラインナップされるものの、日本仕様はガソリンのみ3種類がラインナップされます。

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

搭載エンジン及びグレードは、1.6L 直4ターボ(最高出力122ps/最大トルク20.4kgm)の「CLA180」及び「CLA180 AMGライン」と、2L 直4ターボ(最高出力211ps/最大トルク35.7kgm)の「CLA250」及び「CLA250 4MATIC」、そして2L直4ツインターボ(最高出力360ps/最大トルク45.9kgm)の「CLA45AMG」の5種類が基本で、トランスミッションは全車7速DCTを採用、駆動方式は「CLA180」シリーズと「CLA250」がFFで、それ以外が4WDとなります。

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

安全装備も充実

安全装備面では、レーダー型衝突警告システム「CPA」やドライバーの疲労を検知して警告する「アテンションアシスト」を全車に標準装備する他、前車追従型レーダークルーズコントロール「ディストロニックプラス」や車線変更をアシストする「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱を警告する「レーンキーピングアシスト」などがセットになった「レーダーセーフティパッケージ」がオプション設定されます。

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ CLAクーペ 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

特別仕様車としては、「CLA250」をベースに専用の内外装で差別化を図った「CLA250エディション1」が発売と同時に、「CLA180」をベースに専用の外装と「レーダーセーフティパッケージ」や「アクティブパーキングアシスト」を装備した「CLA180エディションブラック」が2015年4月に、「CLA180 AMGライン」をベースに専用の外装と「レーダーセーフティパッケージ」などを装備した「CLA180 100thアニバーサリーエディション」が5月に発売されています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます