メルセデス・ベンツ GLクラス (2代目 X166 ’12-):AMG&ディーゼルモデルを追加しバリエーション拡大

シェアする

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツのプレミアムクロスオーバーSUV「GLクラス」は、初代モデルが2006年に登場し、2012年6月に欧州で現行型となる2代目モデルが発表されました。日本では、2013年4月から販売が開始されました。先代から基本的なコンセプトを踏襲しつつ、AMGモデルやディーゼル車を追加しバリエーションの拡大が図られた他、燃費も向上しました。

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

スタイリングは先代からのキープコンセプトながら、LEDランプの採用など最新のトレンドも取り入れられました。ボディサイズは全長5,125~5,145mm×全幅1,935~1,980mm×全高1,840mmで、実質的に先代とほぼ同等になっています。ホイールベースは先代と同一の3,075mmで、車両重量は2,500~2,620kgとなります。サスペンションは4輪エアサスの「エアマティック」を採用します。

エンジンは全車ターボ化

駆動方式は先代同様のフルタイム4WDで、エンジンは先代の5.5L V8ガソリンNA(最高出力387ps/最大トルク54kgm)から一新され、まず4.7L V8ガソリンツインターボ(最高出力435ps/最大トルク71.4kgm)と5.5L V8ガソリンツインターボ(最高出力557ps/最大トルク77.5kgm)が用意されました。トランスミッションは、両者で異なる7速トルコン式ATが搭載されます。

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

JC08モード燃費は、アイドリングストップ機構の採用により1.5~2.2km/L向上した7.4~8.1km/Lになりました。グレード体系は、4.7Lエンジン搭載の標準グレード「GL550 4マチック」及び上級グレード「GL550 4マチックAMGエクスクルーシブパッケージ」と、5.5Lエンジンを搭載し専用の内外装が備わる高性能グレード「GL63 AMG」がラインナップされました。

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

そして2015年1月に、3L V6ディーゼルターボエンジン(最高出力258ps/最大トルク63.2kgm)+7速トルコン式ATを搭載し、11.4km/Lの燃費性能を持つ「GL350ブルーテック4マチック」及び「GL350ブルーテック4マチックレザーエクスクルーシブパッケージ」が追加されました。ステアリングホイールの位置は、ガソリン車が左、ディーゼル車が右となっています。

安全装備が充実

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

装備面では、横風の強い状況での走行安定性を高める「クロスウインドアシスト」や車両周囲の状況をディスプレイに表示する「360度カメラシステム」、自動操舵機能により駐車をアシストする「アクティブパーキングアシスト」の他、「インテリジェントライトシステム」や「アダプティブハイビームアシスト」、「EASY-PACK自動開閉テールゲート」などが全車に標準装備されます。

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLクラス 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

又、衝突被害軽減ブレーキの「PRE SAFEブレーキ」、前車追従型クルーズコントロールの「ディストロニック・プラス」、車線変更をアシストする「アクティブブラインドスポットアシスト」、車線逸脱防止システムの「アクティブレーンキーピングアシスト」などから構成される安全運転支援システム「レーザーセーフティパッケージ」も全車に備わります。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます