メルセデス・ベンツ GLEクーペ (’16-):GLEがベースのクロスオーバー

シェアする

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ日本は2016年4月27日、2015年にリリースしたプレミアムSUV「GLE」をベースとするニューモデル「GLEクーペ」を発表しました。SUVとクーペを融合させた新感覚のクロスオーバーモデルで、スタイリッシュでありながら十分な居住性やラゲッジスペースが備わる点が持ち味となっています。

エンジンは3種類をラインナップ

スタイリングは、フロント廻りの意匠はGLEと共通のイメージで纏められる一方、強い傾斜を持つAピラー/Cピラーなどクーペテイストのフォルムが備わる点が特徴となっています。ボディサイズは全長4,900mm×全幅2,003mm×全高1,731mm(欧州仕様の数値)で、GLEよりも75mm長く68mmワイドである一方、全高は64mm低いディメンションとなっています。

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

ホイールベースはGLEと同一の2,915mmで、サスペンション形式も同じくフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:4リンク式をベースとする他、上級グレードにはエアサスペンションが装着されます。駆動方式もGLEと同様、全車にフルタイム4WDシステム「4MATIC」が採用されます。

エンジン・ラインナップも共通で、3L V6直噴ディーゼルターボと3L V6及び5.5L V8直噴のガソリン・ツインターボ2種類が用意されます。最高出力/最大トルクはそれぞれ258ps/63.2kgm、367ps/53kgm、585ps/77.5kgmで、トランスミッションは3Lディーゼル/ガソリンに9速トルコン式ATが、5.5Lガソリンに7速トルコン式ATが組み合わせられます。

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

グレード体系は、3Lディーゼルエンジン搭載の「GLE350d 4MATICクーペ」及び「GLE350d 4MATICクーペ スポーツ」、3Lガソリンエンジン搭載の「GLE43 4MATICクーペ」、5.5Lガソリンエンジン搭載の「AMG GLE63S 4MATICクーペ」の4タイプがラインナップされ、後者2タイプにはエアサスペンションや4輪ベンチレーテッドディスクブレーキが装備されます。

充実の安全装備

安全装備は大変充実しており、「ディストロニックプラス」「アクティブブラインドスポットアシスト」「アクティブレーンキーピングアシスト」「PRE-SAFEブレーキ」「ブレーキアシスト・プラス」から構成される、ミリ波レーダー+ステレオカメラ方式の安全運転支援システム「レーダーセーフティ」が全車に標準装備されます。

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ GLEクーペ 2016 (出典:mercedes-benz.co.jp)

更に、配光モードを自動で切り替える「LEDインテリジェントライトシステム」、自動的に照射範囲を制御する「アダプティブハイビームアシスト・プラス」、注意力低下を警告する「アテンションアシスト」、周囲の情況を映像で表示する「360°カメラシステム」、狭い場所での取り回しをサポートする「パークトロニック」、駐車をサポートする「アダプティブパーキングアシスト」も全車に標準装備となります。

その他の装備としては、5つの走行モードが選択出来る「ダイナミックセレクト」や、タッチパッドが備わる新インフォテインメントシステムが全車に標準装備となっています。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます