メルセデス・ベンツ SL (6代目 R231 ’11-):先代から軽量化され走行性能・燃費がアップ

シェアする

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツのプレミアムスポーツカー「SL」は初代モデルが1952年にデビューし、2011年12月に発表され2012年3月に日本への導入が開始された現行型で6代目となります。5代目モデル同様リトラクタブルハードトップを採用するなど基本的なコンセプトを踏襲しながら、ボディシェルの大幅な軽量化やパワートレインの改良により、走行性能と燃費の向上を果たしています。

オールアルミボディを採用

ボディ形状は先代同様クーペ・カブリオレで、基本的なプロポーションを受け継ぎながら、オールアルミボディの採用により軽量化と同時に高剛性化が図られています。ボディサイズは全長4,615~4,645mm×全幅1,875mm×全高1,310~1,315mmで、先代よりも若干長くワイドなディメンションに変化した他、ホイールベースも僅かに延長され2,585mmとなっています。

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

車両重量は1,710~1,890kgで、同一グレード同士の比較で先代から20~130kg軽くなっています。サスペンションは形式こそ先代同様の前:4リンク式/後マルチリンク式ながら、アルミニウムを多用した新設計のものとなる他、最新の電子制御サスペンション「アクティブボディコントロール」が設定されました。駆動方式は、SL伝統のFRを踏襲します。

発売時のパワートレイン及びグレードは、3.5L V6エンジン(最高出力306ps/最大トルク37.7kgm)+7速トルコン式ATの「SL350ブルーエフィシェンシー」、4.7L V8ツインターボエンジン(最高出力435ps/最大トルク71.4kgm)+7速トルコン式ATの「SL550ブルーエフィシェンシー」、5.5L V8ツインターボエンジン(最高出力537ps/最大トルク81.6kgm)+7速湿式多板クラッチ式ATの「SL63AMG」の3種類でした。

安全・快適装備が充実

装備面では、安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」やヘッドライトの配光を自動調整する「インテリジェントライトシステム」、ワイパーブレードの穴からウォッシャー液を噴射する「マジックビジョンコントロール」、リアバンパーに足を近づけるだけでトランクの開閉操作が可能な「ハンズフリーアクセス」などが備わります。

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

そして同年8月に、6L V12ツインターボエンジン(最高出力630ps/最大トルク102kgm)+7速トルコン式ATを搭載するトップグレード「SL65AMG」が追加されました。次いで2013年8月に一部改良を行い、「SL350」と「SL550」から「ブルーエフィシェンシー」のサブネームが消えると同時に、従来オプション扱いだった「AMGスポーツパッケージ」が標準装備されました。

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

メルセデス・ベンツ SL 2015 (出典:mercedes-benz.co.jp)

更に2014年8月の一部改良の際には、AMGモデルのみに標準装備されていた「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」が、「SL350」と「SL550」にも標準装備されました。同時に、「SL63AMG」のエンジンを最高出力585ps/最大トルク91.8kgmまでパワーアップすると共に、リミテッドスリップデフが装備され走行性能が一段と向上しました。

そして2015年8月にも一部改良を行い、「SL350」のサスペンションが「SL550」と同様の「アクティブボディコントロール」にアップグレードされた他、シートベンチレーターやハーマンカードン製サラウンドオーディオシステム採用など装備の充実が図られました。同時に、「SL550」のエンジンの最高出力が455psに向上しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます