ダイハツ シャレード (初代 ’77-’83):画期的な4ストローク3気筒エンジンを搭載 [G10]

シェアする

ダイハツ工業は1977年11月、「コンソルテ」の後継車種となる新型FFハッチバックコンパクトカー「シャレード」を発売しました。「5平米カー」のキャッチフレーズの元、コンパクトなボディサイズと優れたパッケージングの両立が図られた他、当時として画期的な4ストローク3気筒エンジンが採用された事が大きな特徴でした。

ショート&ワイドなボディ・ディメンション

ボディタイプは当初5ドアのみが用意され、エクステリアは直線基調の機能的なフォルムが採用されました。ボディサイズは全長3,460~3,530mm×全幅1,510mm×全高1,360mmで、3ボックス型ボディのコンソルテよりもショート&ワイドなディメンションとなりました。ホイールベースは2,300mmで、コンソルテからは140mm延長されました。

又、車両重量は630~665kgで、FR方式採用のコンソルテから大幅に軽量化されていました。サスペンション形式は、フロントはコンソルテ同様のストラット式を採用する一方で、リアは旧式なリジッド・リーフ式から5リンク/コイル式に改められました。エンジンは、この車種の為に新開発された1L直3SOHCのCB-10型(最高出力55ps/最大トルク7.8kgm)が搭載されました。

4気筒エンジンに対し構造上不利であった振動の問題は、ダイナミックバランサーの採用により解消された他、10モード燃費19km/Lという当時としては優秀な燃費性能を実現していました。組み合わせられるトランスミッションは、当初4速MTと5速MTが用意されました。又、ステアリング形式はラック&ピニオン式が採用されました。

クーペやAT仕様を追加

発売時のグレード体系は、「XO」「XG」「XT」「XGE」「XTE」の5タイプがラインナップされました。ブレーキはXO/XGが4輪ドラム式で、XT以上にはフロントにブースター付のディスク式が採用されました。又、タイヤはXT/XTEが155SR12サイズのラジアルで、それ以外が6.00-12サイズのクロスプライでした。そして1978年9月、3ドアハッチバックの「クーペ」が追加されました。

独特な形状のリアクォーターウィンドウと、Cピラーに設けられた「マリンウィンドウ」と呼ばれる丸窓がエクステリア面の特徴でした。次いで1979年9月のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施されると共に、ハッチバックXTEとクーペ全車のエンジンがより高出力なCB-31型(最高出力60ps/最大トルク8.2kgm)に置換されました。

続いて1980年10月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、ヘッドランプが丸型2灯式から角型2灯式に変更されると共に、リアコンビネーションランプの意匠が変更されました。同時に、CB-32型エンジン(最高出力60ps/最大トルク8.3kgm)+2速トルコン式AT搭載車が追加されました。次いで1981年9月実施の最後のマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更と共にグレード体系の見直しが行われました。

そして1983年1月にフルモデルチェンジが実施され、2代目G11系に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK