ダットサン スポーツ1000 (S211 ’59-’60):フェアレデー誕生直前のFRPオープンスポーツ

シェアする

ダットサン スポーツ1000 (出典:wikipedia.org)

ダットサン スポーツ1000 (出典:wikipedia.org)

21世紀の今も日産を代表するスポーツカー「フェアレディZ」。フェアレディの歴史は1960年に発売された「ダットサン フェアレデー1200」から始まりました。しかし、その前年となる1959年、一台のスポーツカーが日産から発売されました。「ダットサン スポーツ1000」。既に販売中であった4ドアセダン「ダットサン1000」(210型)のラダーフレーム・シャシーに、FRP製の4座コンバーチブルボディを架装して作られたオープン・スポーツです。

ダットサン 1000 '58

ダットサン 1000 ’58

英国車風のモダンなスタイリング

スタイリングは、英国製スポーツカーの影響が感じられるロングノーズ・ショートデッキのプロポーションで、当時の国産車としては流麗かつスマートなものでした。1952年に発売された「ダットサン・スポーツDC-3」よりも、遥かにモダンで流麗なデザインに変貌していました。ボディサイズは、全長3,936mm×全幅1,472mm×全高1,407mmで、2,220mmのホイールベースはダットサン 1000と共通でした。

ダットサン スポーツ1000 (出典:wikipedia.org)

ダットサン スポーツ1000 (出典:wikipedia.org)

車両重量は、FRP製ボディのお陰でダットサン1000よりも160kgも軽い765kgに抑えられており、一回りコンパクトなボディであったスポーツDC-3とほぼ同等でした。サスペンション形式は、210型同様の4輪半楕円リーフ・リジッド式が踏襲されました。搭載されたエンジンは、これもダットサン 000から流用した1L直4OHVのC型ユニットで、最高出力34ps/最大トルク6.59kgmのスペックでした。

ダットサン スポーツ1000 (出典:wikipedia.org)

ダットサン スポーツ1000 (出典:wikipedia.org)

駆動方式もダットサン1000同様にFRで、4速MTを介しての最高速度は、それよりも20km/h速い115km/hでした。スポーツ1000は、当初国内販売も計画された為右ハンドル仕様であったものの、実質的に北米専用モデルとなりました。

しかしながら、翌1960年までの生産台数は僅か20台(18台という説もある)に過ぎず、量販車と言うよりも試験的に制作・販売されたモデルという位置づけの方が正しいかもしれません。それもそのはずで、当時はクルマ自体が超高級品。乗用車の普及もこれからという時代のスポーツカーは、高嶺の花のそのまた上の存在でした。

同年となる1960年1月には「フェアレデー1200」が発表されました。ダットサン スポーツ1000という名称は1957年の発表から3年、発売からわずか1年にて幕を下ろしました。

日産 フェアレディZの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK