ホンダ シティ (2代目 GA1/2 ’86-’93):ワイド&ローな「クラウチングフォルム」に

シェアする

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

1981年にデビューしたホンダのコンパクトカー「シティ」は、1986年10月に5年ぶりのフルモデルチェンジを実施し2代目モデルとなりました。初代が背の高い「トールボーイデザイン」を採用したのに対し、2代目ではワイド&ローな「クラウチングフォルム」を採用した事によりスタイリングが大きく変化しました。又、初代に設定されていたターボ車やカブリオレは廃止され、ラインナップがシンプル化されました。

先代より全高を大幅にダウン

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

ボディタイプは先代同様の3ドアハッチバックながら、前述のようなディメンション変更や曲線を取り入れたボディラインの採用などにより、大幅にイメージを変えました。一方、フラッシュサーフェイスボディは踏襲され、良好な空力特性は受け継がれました。初期型のボディサイズは全長3,560mm×全幅1,620mm×全高1,335mmで、先代標準モデルよりも180mm長く50mm広く、そして135mm低くなりました。

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

プラットフォームの刷新に伴いホイールベースも180mm延長され2,400mmとなり、車両重量は若干増加し680~710kgとなりました。サスペンション形式はフロントはストラット式を踏襲し、リアはストラット式からトーションビーム式に変更されました。ブレーキはフロント:ディスク式/リア:ドラム式で、先代のようなフロント・ベンチレーテッドディスク仕様車は設定されませんでした。

ホンダ シティのCM 1986年

エンジンを一新

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

駆動方式はFFを踏襲し、エンジンは新開発された1.2L直4SOHC NA電子制御シングルキャブレター仕様のD12A型(最高出力76ps/最大トルク10kgm)に置換されました。トランスミッションは、5速MTと電子制御ロックアップ機構付トルコン式AT「ホンダマチック」が設定されました。10モード燃費はMT車が20km/L、ホンダマチック車が18km/Lでした。

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

ホンダ シティ 1986 (出典:favcars.com)

室内はフルトリム化による快適な室内空間や、高剛性かつ空力特性に優れたボディによる静粛性の高さがセリングポイントとされました。発売当初のグレード体系は下から「BB」「EE」「GG」の3種類で、GGにはパワーステアリングや固定式スライディングサンルーフが標準装備されました(チルトアップ機構付きスライディングサンルーフはオプション)。

そして1988年10月にマイナーチェンジが実施され、エンジンが1.3L直4 SOHCのD13C型に変更されました。シングルキャブレター仕様とPGM-FI(電子燃料噴射式)仕様が用意され、スペックは前者が最高出力82ps/最大トルク10.5kgm、後者が最高出力100ps/最大トルク11.6kgmでした。同時に、グレード体系がキャブレター仕様の「CE」、PGM-FI仕様の「CR-i」「CZ-i」の3グレードに変更されました。

次いで1992年3月にCEをベースに装備を充実させた新グレード「CEフィット」が追加されました。そして1993年末に生産終了となり、シティの車名は国内向けとしては絶版となりました。

フィット/ハイブリッドの購入を検討中なら、こちらもチェック!

フィット/ハイブリッドの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます