ホンダ シビックカントリー (’80-’83):同社初のステーションワゴンとして登場 [E-WD]

シェアする

ホンダ シビック カントリー 1980

ホンダ技研工業は1980年1月、同社初のステーションワゴンとなる「シビックカントリー」を発売しました。ベースとなったのは前年にフルモデルチェンジを受け2代目となった商用モデル「シビック・バン」で、プラットフォームやボディは共通ながら、ユーティリティの改善や装備の充実化など乗用モデルに相応しいモディファイが加えられていました。

木目調パネルを採用

ボディタイプはバン同様5ドアで、エクステリア面ではサイドプロテクションモールや木目調パネル(最初の1500台は標準装備、それ以降はディーラーオプション)の採用により、バンとの差別化が図られていました。ボディサイズは全長4,085mm×全幅1,580mm×全高1,380mmで、バンに対し全長が90mm延長され、全高は5mm低く設定されました。

ホンダ シビック カントリー 1980

ホイールベースは同一の2,320mmで、車両重量は70kg程重い835~840kgでした。サスペンション形式はバンと共通のフロント:ストラット式/リア:リジッド・リーフ式で、駆動方式もFFが踏襲されました。エンジンは、バンが1.3L直4SOHC CVCC仕様のEJ型(最高出力70ps/最大トルク10.7kgm)を搭載するのに対し、1.5L直4SOHC CVCC仕様のEM型(最高出力80ps/最大トルク12.3kgm)が採用されました。

ホンダ シビック カントリー 1980

トランスミッションはバンの4速MTに対し、5速MTと2速トルコン式AT「ホンダマチック」が設定されました。ブレーキはバンと同様のフロント:ディスク式/リア:ドラム式で、タイヤはバンの5.00-12クロスプライに対し、155SR-13スチールラジアルが装着されました。室内は、フルトリム化やカラーコーディネーションの採用により差別化が図られていました。

乗用ワゴンならではの装備を採用

ホンダ シビック カントリー 1980

更に、装備面では4段階に角度調整が可能なバリアブルリアシートや、運転席横のボタン操作によりテールゲートのロックが解除出来る電磁席テールゲートオープナーが標準装備されました。その他、安全装備として前席ELR付3点式シートベルトや、内側からの後席用ドアの開放を防ぐチャイルドプルーフ機構が採用されました。

ホンダ シビック カントリー 1980

又、オプションでエアコンが用意されました。そして同年7月の一部改良により、エンジンが改良型のCVCC-Ⅱ仕様(スペックは不変)に置換されると共に、ホンダマチック車がオーバードライブ機構付となり燃費が向上しました。同時に、昼夜切り換え式ルームミラーや二重操作式テールゲートロック、助手席背後のシートバックポケットが採用されました。

ホンダ シビック カントリー 1980

次いで1981年10月のマイナーチェンジにより、ヘッドランプが丸型2灯式から角型2灯式に変更されると共にインパネの意匠が変更され、続いて1982年9月のマイナーチェンジがでは、リアコンビネーションランプの意匠が変更されました。そして1983年9月にシビックシリーズのフルモデルチェンジが実施されると、カントリーはそのまま姿を消しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK