ホンダ インテグラ (3代目 ’93-’01):VTECエンジンを性能アップし4WD車を追加 [DC1/2/DB6/7/8/9]

シェアする

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

1989年に「クイントインテグラ」の後継モデルとして発売されたホンダのスポーティ・コンパクト「インテグラ」は、1993年5月にフルモデルチェンジを実施し、クイントインテグラ時代から通算して3代目となりました。スタイリングが一新されると共に、目玉となるVTECエンジンの排気量拡大・性能向上やインテグラ史上唯一となる4WD車の追加が行われました。

初期型は丸形4灯式ヘッドランプが特徴

プラットフォームは5代目「シビック」(EG型)と共通となり、ボディは先代から高剛性化が図られました。ボディタイプは先代のケースと同様まず3ドアクーペが登場し、追って7月に4ドアハードトップが発売されました。スタイリングは、シャープさやアグレッシブ感が追及された他、初期型は丸形4灯式ヘッドランプ採用による個性的なフロントマスクが特徴でした。

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,380mm(クーペ)/4,525mm(ハードトップ)×全幅1,695mm×全高1,335mm(クーペ)/1,370~1,390mm(ハードトップ)、ホイールベースは2,570mm(クーペ)/2,620mm(ハードトップ)で、クーペの全長が短縮された以外は先代から若干拡大・延長されました。車両重量は先代から増加し、1,020~1,200kgとなりました。

ホンダ インテグラのCM

VTEC車は先代の1.6Lから1.8Lに

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

サスペンションは、4輪ダブルウィッシュボーンの形式を踏襲しながら改良が加えられ、駆動方式はFFの他に、デュアルポンプ式フルタイム4WD車がハードトップに設定されました。エンジンは、直4SOHC仕様は先代から1.6LのZC型と1.8LのB18B型がキャリオーバーされた一方で、直4DOHC VTEC仕様は先代の1.6LのB16A型から1.8LのB18C型に変更されました。

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

ホンダ インテグラ Si VTEC 1993 (出典:favcars.com)

スペックは、ZC型ツインキャブレター仕様が最高出力105ps/最大トルク13.8kgm、同電子燃料噴射仕様が最高出力120ps/最大トルク14.5kgm、B18B型が最高出力145ps/最大トルク17.4kgm、B18C型MT仕様が最高出力180ps/最大トルク17.8kgm、同AT仕様が最高出力170ps/最大トルク17.8kgmでした。トランスミッションは、先代同様5速MTと2種類の4速トルコン式ATが設定されました。

M/Cでフロントマスクを一新

ホンダ インテグラ Xi G 1995 (出典:favcars.com)

ホンダ インテグラ Xi G 1995 (出典:favcars.com)

装備面では、SRSデュアルエアバッグシステムやABS、トラクションコントロールシステム、ビスカス式LSDの装着車が用意されました。そして1995年9月にマイナーチェンジが実施され、プロジェクター型薄型ヘッドランプの採用によりフロントマスクが一新されると共に、装備の充実が図られました。又、キャブレター車が廃止され全車電子燃料噴射仕様となった他、グレード体系の変更が行われました。

同時に、専用チューンが施されたB18C型エンジン(最高出力200ps/最大トルク18.5kgm)と5速MTを搭載し、ボディ剛性や足回りの強化、ヘリカルLSDの装備、専用内外装の採用などが行われたスポーツモデル「TYPE R」が追加されました。次いで1998年1月に2度目のマイナーチェンジが実施され、内外装の一部変更と共に、全車にSRSデュアルエアバッグシステムとABSが標準装備されました。

ホンダ インテグラ Xi G 1995 (出典:favcars.com)

ホンダ インテグラ Xi G 1995 (出典:favcars.com)

同時に、TYPE Rのエンジン・足回り・ブレーキなどに改良が加えられ、総合的なパフォーマンスアップが図られると共に、ディスチャージヘッドランプやSRSエアバッグ対応MOMO製ステアリングホイールが採用されました。続いて1999年7月に3度目のマイナーチェンジが実施され、エクステリアの充実やオプションの新規設定及び見直しなどが行われました。

そして2001年7月にフルモデルチェンジが実施され、インテグラ最終型となるDC5型にバトンタッチされました。

中古車の買取り/下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます