ランチア フラミニア (’57-’70):アウレリアの後を継いだプレミアムモデル

シェアする

ランチア フラミニア Berlina 1957

ランチアは1957年のジュネーブ・ショーで、1950年にデビューした「アウレリア」の後を継ぐプレミアムモデル「フラミニア」を発表しました。ボディサイズが一回り以上拡大されセグメントが上がった他、サスペンション形式が変更されるなどメカニズム面でも改良が加えられました。又、アウレリア以上に多彩なボディ・バリエーションが用意された事も特徴でした。

センターピラー付ボディを採用

まず最初に登場した4ドアセダン「ベルリーナ」は、アウレリア同様ピニンファリーナによるデザインであったものの、スタイリングは大幅なイメージチェンジが図られました。又、2世代前の「アウグスタ」以来の伝統となっていたセンターピラーレスボディと観音開き式ドアが廃止され、一般的なセンターピラー付きボディとオール前ヒンジ式ドアが採用されました。

ランチア フラミニア Berlina 1957

ボディサイズは全長4,855mm×全幅1,750mm×全高1,460mmで、アウレリアから全長と全幅が大幅に拡大された一方、全高が低められた事で伸びやかなプロポーションが実現しました。一方、ホイールベースは大差ない2,870mmで、リアのオーバーハングが延長されました。車両重量は1,430kgで、アウレリアよりも300kg以上増加しました。

サスペンション形式は、フロントは1922年に登場したラムダ以来採用し続けてきたスライディングピラー式に代わり、ダブルウィッシュボーン式が採用されました。一方リアは、アウレリア後期型と同様のド・ディオン・アクスル+パナールロッド式が踏襲されました。ブレーキは初期型ではアウレリア同様の4輪ドラム式が採用され、リアのインボードマウントも踏襲されました。

クーペ3種類とコンバーチブルを追加

駆動方式は、トランス・アクスル・レイアウト採用のFR方式が受け継がれ、搭載されたエンジンもまたアウレリア譲りの2.5L V6 OHV(最高出力102ps)でした。トランスミッションはフルシンクロ式に改められた4速MTが標準となる他、新たにセミATがオプション設定されました。そして翌1958年に、2種類の2ドア4シータークーペが追加されました。

ランチア フラミニア Convertible 1959

一つは「ピニンファリーナ・クーペ」で、スタイリングはベルリーナの延長戦上にありました。もう一つは「スポルト・ザガード」で、ダブルバブル・ルーフやプレクシカバー付のヘッドランプなど、ピニンファリーナクーペとは全く異なるスタイリングを持っていました。共にボディサイズやホイールベースがベルリーナより縮小されると共に、エンジンに手が加えられ最高出力が119psに向上していました。

ランチア フラミニア Convertible 1959

更に1959年には、トゥーリング製ボディを纏い、前述2モデルと同じエンジンを搭載する2シータークーペ「GTトゥーリング」及び2シーターコンバーチブル「コンバーチブル・トゥーリング」が追加されました。次いで1961年にピニンファリーナ・クーペを除きエンジンがリファインされ、最高出力がベルリーナは110psに、それ以外は3連キャブレター装備により140psに向上しました。

排気量を拡大

同時に、全車ブレーキが4輪ディスク式にアップグレードされた他、GTトゥーリングに2+2仕様の「GTL」が追加されました。次いで1962年にはピニンファリーナ・クーペにもエンジンの改良が実施され、最高出力が128psに向上しました。続いて1963年にベルリーナ及びピニンファリーナ・クーペのエンジンが2.8Lに拡大され、最高出力が前者は125psに、後者は136psに向上しました。

ランチア フラミニア Sport 1960

又、スポルト・ザガードに最高出力152psを発生する2.8Lエンジン搭載の「スーパー・スポルト」が追加されました。そして、1964年にコンバーチブル・トゥーリングが、1965年にGT/GTLトゥーリングが、1967年にピニンファリーナ・クーペ及びスポルト・ザガード/スーパー・スポルトが相次いで生産終了となり、フィアット傘下に入った翌1970年にベルリーナも生産を終了しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK