ランチア テーマ (初代 ’84-’94):4社共同プロジェクトにより誕生したプレミアムセダン [L34/A834]

シェアする

ランチア テーマ i.e._Turbo 1984 (出典:favcars.com)

ランチア テーマ i.e._Turbo 1984 (出典:favcars.com)

ランチアは1984年に、それまでの「ベータ」及び「ガンマ」に代わる新型プレミアムセダン「テーマ」を発売しました。開発は、1978年に当時提携関係にあったサーブとの共同で開始され、後にフィアット、アルファロメオが加わり「ティーポ4プロジェクト」に進展した事で、「サーブ・9000」「フィアット・クロマ」「アルファロメオ・164」と姉妹車種の関係になりました。

セダンはジウジアーロがデザイン

ボディタイプは当初4ドアセダンのみが用意され、エクステリアデザインはジウジアーロにより手掛けられました。スタイリングは直線基調のボクシーなものながら、Cd値0.32の優秀な空力特性を備えていました。ボディサイズは全長4,590mm×全幅1,755mm×全高1,415mm、ホイールベースは2,660mmで、ガンマに近いディメンションでした。車両重量は初期型で1,150~1,230kgでした。

ランチア テーマ 1984 (出典:favcars.com)

ランチア テーマ 1984 (出典:favcars.com)

サスペンション型式は、ベータやガンマ同様の4輪マクファーソンストラット式を踏襲し、駆動方式も同様にFFが採用されました。発売当初における搭載エンジン及びグレード体系は、2L直4DOHC NA搭載の「ie」、同ターボ搭載の「ieターボ」、2.8L V6SOHC NA搭載の「V6」、2.4L直4SOHCディーゼルターボ搭載の「ターボディーゼル」の4タイプが用意されました。

ランチア テーマ i.e._Turbo SW 1986 (出典:favcars.com)

ランチア テーマ i.e._Turbo SW 1986 (出典:favcars.com)

最高出力/最大トルクは、それぞれ120ps/16.8kgm、167ps/29.1kgm、152ps/24.5kgm、100ps/22.1kgmでした。尚、ガソリン直4ユニットには、振動を軽減する為のバランサーシャフトが組み込まれていました。トランスミッションはV6に4速トルコン式ATが、それ以外には5速MTが組み合わせられました。又、ブレーキは全車にフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。

ワゴン及びフェラーリとのコラボモデルを追加

ランチア テーマ 8.32 1986 (出典:favcars.com)

ランチア テーマ 8.32 1986 (出典:favcars.com)

そして1986年に、ピニンファリーナがデザインを担当したステーションワゴン「エステート」(エンジンは2Lガソリンのみ)と、「フェラーリ308クワトロバルボーレ」用の2.9L V8DOHC NAエンジンにモディファイを施した上で移植し、リアに自動格納式のウイングが備わる「8.32」がラインナップに加わりました。

ランチア テーマ 1984 (出典:favcars.com)

ランチア テーマ 1984 (出典:favcars.com)

8.32のエンジンは最高出215ps/最大トルク29.1kgmのアウトプットを発生し、車両重量は1,400kgまで増加したものの、5速MTを介しての最高速度は240km/hに達しました。次いで1988年のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施されると同時に、2Lガソリンユニットが16バルブ化され、最高出力/最大トルクがNAは150ps/18.8kgm、ターボは188ps/32.6kgmまで向上しました。

ランチア テーマ 1984 (出典:favcars.com)

ランチア テーマ 1984 (出典:favcars.com)

次いで1990年にディーゼル車のエンジンが2.5Lに拡大され、スペックが最高出力118ps/最大トルク25.5kgmに向上しました。そして1994年に、後継モデル「カッパ」に後を譲り生産終了となりました。日本での販売開始は1987年からで、セダンのie、ieターボ、V6、8.32が導入されました。

トヨタ車の買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます