マツダ アクセラ (初代 BK ’03-’09):ファミリアの後を継ぐ世界戦略車として登場

シェアする

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

マツダのCセグメント車「アクセラ」は「ファミリア」の後を継ぐ世界戦略車として開発され、日本国内では初代モデルが2003年10月に発売されました。プラットフォームは、当時同じグループに属していたフォードの「フォーカス」やボルボの「S40」「V50」と共通で、ボディは5ナンバーサイズだったファミリアから拡大され3ナンバーサイズとなりました。

躍動感溢れるスタイリング

ボディタイプは4ドアセダンと5ドアハッチバックの「スポーツ」が用意され、共に躍動感溢れるスタイリングを備えていました。ボディサイズはセダンとスポーツで全長が異なり、前者が4,485~4,540mm、後者が4,400~4,485mmとなり、全幅と全高は共通でそれぞれ1,745~1,765mm、1,465~1,510mmでした。ホイールベースは、共にファミリアより30mm長い2,640mmに設定されました。

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

車両重量はセダンが1,180~1,380kg、スポーツが1,210~1,400kgでした。サスペンション形式はフロント:ストラット式/リア:マルチリンク式で、駆動方式は発売当初FFのみが設定されました。エンジンは、1.5LのZY-VE型(最高出力114ps/最大トルク14.8kgm)、2L のLF-DE型(最高出力150ps/最大トルク18.7kgm)、2.3L のL3-VE型(最高出力171ps/最大トルク21.8kgm)の3種類の直4DOHCユニットが用意されました。

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

トランスミッションは4速トルコン式ATの他、1.5L車には5速MTも用意されました。発売当初のグレード体系は、セダン/スポーツ共に1.5Lの「15F」、2Lの「20C」、2.3Lの「23S」の3タイプでした。そして2004年10月に実施された一部改良の際に、2Lの新グレード「20S」と、「23S」の5速MT仕様が追加されました。次いで2005年11月実施の一部改良では、装備の見直しが図られました。

マツダ アクセラ セダン 2003-’09 (出典:favcars.com)

マツダ アクセラ セダン 2003-’09 (出典:favcars.com)

ATを5速に変更

同時に1.5Lの新グレード「15C」と、スポーツのみに2L/2.3Lの最上級グレード「20H」「23H」が追加されました。続いて2006年6月に実施されたマイナーチェンジでは、内外装デザインの変更、2Lエンジン搭載のフルタイム4WD車の追加、2L/2.3L車のATの5速化といった仕様変更が行われました。同時にグレード体系が整理され、スポーツの「20H」「23H」とセダンの「23S」がカタログ落ちしました。

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

マツダ アクセラ スポーツ 2003-’09 (出典:favcars.com)

更に、スポーツのボディに専用の内外装やチューンドサスペンション、トルク感応式スーパーLSDなどを装備し、2.3LターボのL3-VDT型エンジン(最高出力264ps/最大トルク38.7kgm)と6速MTを搭載したFFホットモデル「マツダスピードアクセラ」が追加されました。次いで2008年1月の一部改良で内外装の変更や静粛性の改善が行われると共に、セダンの「20C」に代わりに新グレード「20E」が設定されました。

そして2009年6月にフルモデルチェンジが実施され、2代目BL型にバトンタッチされました。

アクセラの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます