マツダ カペラ (初代 ’70-’74):新開発のロータリーエンジンが用意された新型小型車 [SNA/SU2A/S122A]

シェアする

マツダ カペラ ロータリークーペ 1970

マツダ カペラ ロータリークーペ 1970

マツダは東洋工業時代の1970年5月、「ファミリア」と「ルーチェ」の間を埋める新型小型乗用車「カペラ」を発売しました。スタイリッシュなフォルムと優れた居住性を両立させたボディや、専用に開発されたロータリーエンジンの設定などにより話題を集め、好調な販売を記録しました。

クーペとセダンを用意

ボディタイプは2ドアクーペと4ドアセダンが用意され、共にファミリアやルーチェとは一味異なるモダンなスタイリングを備えていました。又、リアコンビネーションランプはレシプロ車には角形が採用された一方、ロータリー車は丸形4灯式の採用により差別化が図られていました。

マツダ カペラ セダン  (出典:wikipedia.org)

マツダ カペラ セダン (出典:wikipedia.org)

ボディサイズは全長4,150mm×全幅1,580mm×全高1,395mm(クーペ)/1,420mm(セダン)、ホイールベースは2,470mmで、ファミリアよりも一回り大きくルーチェに近いディメンションでした。サスペンション形式はフロントがストラット式、リアが4リンク/コイル・リジッド式で、リアにリーフスプリングを採用していたファミリアやルーチェよりも近代的な仕様となっていました。

マツダ カペラのCM

ロータリー車はトップレベルの動力性能を実現

駆動方式は手堅くFRを採用し、エンジンは当初1.6L直4SOHCのレシプロ(最高出力100ps)と、573cc×2ローターの12A型ロータリー(最高出力120ps/最大トルク16kgm)が用意されました。トランスミッションは、当初は4速MTのみの設定でした。ロータリーエンジン車の動力性能は最高速度190km/h、0-400m加速15.7sで、殊に加速性能は当時の市販車としてトップレベルのものでした。

マツダ カペラ ロータリークーペ

マツダ カペラ ロータリークーペ

グレード体系は、クーペ1600が下からデラックス/スーパーデラックス、同ロータリーが標準車/デラックス/グランドスポーツのラインナップでした。一方セダンは、1600/ロータリー共に標準車/デラックス/スーパーデラックスがラインナップされました。装備面では、トップグレードのグランドスポーツにはラジタルタイヤや8トラックカーステレオ、ダブルホーンなどが奢られました。

マツダ カペラ ロータリークーペ

マツダ カペラ ロータリークーペ

そして同年10月に、1.5L直4SOHCレシプロエンジン(最高出力92ps/最大トルク13.2kgm)搭載車が追加されました。次いで1971年10月、前月に発売された下位モデル「サバンナ」及び「グランドファミリア」との差別化を図る為に、ヘッドランプを角型2灯式から丸型4灯式に変更した「Gシリーズ」にマイナーチェンジされました。

マツダ カペラ ロータリークーペ

マツダ カペラ ロータリークーペ

同時に、ロータリーエンジン車に3速トルコン式ATの「ロータリーマチック」が設定されました。MT車と比較すると加速性能はやや低下し、0-400m加速タイムは17.5sとなっていました。そして1974年2月にフルモデルチェンジ(実質的にはビッグマイナーチェンジ)が実施され、2代目モデルに移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK