オートザム(マツダ) クレフ (’92-’94):多チャネル戦略で生まれたクロノスファミリー最大の迷車

シェアする

オートザム クレフ 1992-'94 (出典:gazoo.com)

オートザム クレフ 1992-’94 (出典:gazoo.com)

マツダは1992年5月に、オートザム系列店より新型ミディアムクラスセダン「クレフ」をデビューさせました。一足早く前年10月に発売されたカペラの後継モデル「クロノス」のコンポーネンツを流用して製造された姉妹車種で、専用のボディパネルや内装が与えられると同時に、よりラグジュアリーかつスポーティな位置付けとなり価格もやや高く設定されました。

オートザム クレフのCM

ボディタイプはクロノズ同様ピラー付の4ドアセダンで、スタイリングはクロノス譲りのロングノーズのプロポーションや曲線的なボディラインを受け継ぎながら、前述のように単なるバッジエンジニアリングではなく、クレフ独自のデザインが取り入れられました。ボディサイズは全長4,670mm×全幅1,750mm×全高1,400mmで、クロノス同様の3ナンバーサイズながら全長・全幅が僅かに小さいディメンションでした。

3種類のエンジンを用意

ホイールベースは同一の2,610mmで、車両重量はクロノスよりもやや重く1,240~1,310kgでした。プラットフォームをクロノスと共有する為、サスペンション形式も同一の4輪ストラット式で、駆動方式も同様にFFとフルタイム4WDが設定されました。用意されたエンジンは、2L 直4DOHCのFS-DE型、2L V6DOHCのKF-ZE型、2.5L V6DOHCのKL-ZE型の3種類でした。

オートザム クレフ 1992-'94

オートザム クレフ 1992-’94

スペックは、FS-DE型が最高出力125ps/最大トルク17.6kgm、KF-ZE型が最高出力160ps/最大トルク18.3kgm、KL-ZE型が最高出力200ps/最大トルク22.8kgmで、トランスミッションは各エンジンとも4速トルコン式ATが組み合わせられました。尚、クロノスと異なり1.8L V6エンジン及び2L直4ディーゼルターボエンジン搭載車や、5速MT車は最後まで用意されませんでした。

オートザム クレフ 1992-'94

オートザム クレフ 1992-’94

販売不振により短命に

グレード体系は、唯一の4WDグレードとなる2L直4エンジン搭載の「2.0 4WD」、2L V6エンジン搭載の「V6 2.0」「V6 2.0タイプLS」、2.5L V6エンジン搭載の「V6 2.5」「V6 2.5タイプX」「V6 2.5タイプXS」の全6タイプがラインナップされました。この内、トップグレードとなる「V6 2.5タイプXS」には、14インチアルミホイール、前席パワーシート、本革巻きステアリングホイール、CDオーディオなどが標準装備されました。

オートザム クレフ 1992-'94

オートザム クレフ 1992-’94

その後マイナーチェンジや一部改良などが実施される事はなく1994年12月に生産終了となりました。僅か2年半程度の短命に終わったのは、当時同社が推し進めていた多チャンネル販売体制の失敗により、販売面で振るわなかった事が要因でした。その後もクレフの車名は復活する事はなく、一代限りのモデルとなりました。

アテンザの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK