マツダ コスモ (3代目 HB ’81-’90):セダンにディーゼル、色んな物を背負った悩めるコスモ

シェアする

マツダ コスモ2Dr HT '81 (出典:favcars.com)

マツダ コスモ2Dr HT ’81 (出典:favcars.com)

マツダのスペシャリティカー「コスモAP/コスモL」は、1981年9月に6年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施し、車名がシンプルな「コスモ」となりました。同時にフルモデルチェンジを果たした「ルーチェ」の姉妹車種になると共に、ボディ・バリエーションが多彩になった事が先代との大きな相違点でした。

2ドア/4ドアHT/セダン 3種類のボディ

ボディのバリエーションは、2ドアハードトップとピラーレスの4ドアハードトップ、そしてピラー付の4ドアセダンの3種類が用意され、生産の都合上それぞれ時期を若干ずらして発売されました。コスモの冠名を持つモデルで4ドアボディが用意されたのは、この代が最初にして最後となりました。

マツダ コスモ4Dr HT '81 (出典:favcars.com)

マツダ コスモ4Dr HT ’81 (出典:favcars.com)

ボディサイズは、先代よりも一回り拡大され、全長4,640mm×全幅1,690mm×全高1,340mmとなり、ホイールベースも100mm以上長い2,615mmとなりました。一方、車両重量は最も重いモデルで1,185kgで、先代よりも軽量化されていました。サスペンションは、前ストラット式/後セミトレーリングアーム式で、歴代コスモで初めて4輪独立懸架となりました。

マツダ コスモ4Drサルーン '81 (出典:favcars.com)

マツダ コスモ4Drサルーン ’81 (出典:favcars.com)

スタイリングは、いずれのボディも直線を多用したシャープな造形で、特に2ドア/4ドアハードトップはリトラクタブルヘッドランプ採用によるスマートなフロントマスクが特徴でした。又、2ドアハードトップは、先代のAPと同様Bピラー部に小さなウィンドウが備わりました。そして、ダッシュボードも外観同様直線を基調としたデザインが採用されていました。

マツダ コスモ4Dr HT '81 (出典:favcars.com)

マツダ コスモ4Dr HT ’81 (出典:favcars.com)

ロータリー/レシプロ/ディーゼルの3本立て

エンジンは、発売当初は2Lレシプロガソリンエンジン(最高出力110ps/最大トルク17kgm)のみでしたが、追って2.2Lディーゼルエンジン(4ドアセダンのみに設定)と、6ポート式に改良された12A型ロータリーエンジン(最高出力130ps/最大トルク16.5kgm)が追加されました。トランスミッションは、5速MTと3速トルコンATが用意され、駆動方式は先代同様FRでした。

マツダ コスモ2Dr HT  (出典:wikipedia.org)

マツダ コスモ2Dr HT (出典:wikipedia.org)

翌1982年10月に、ロータリーエンジン初のターボチャージャー付となる12A-T型エンジン(最高出力160ps/最大トルク23kgm)を搭載したグレードが追加されました。更に1983年10月に初のマイナーチェンジを実施し、4ドアハードトップのヘッドランプを固定式に変更すると共に、4ドア系に13B型ロータリー・スーパーインジェクションエンジン(最高出力160ps/最大トルク20.5kgm)搭載グレードを設定しました。

マツダ コスモ2Dr HT  (出典:wikipedia.org)

マツダ コスモ2Dr HT (出典:wikipedia.org)

1984年9月のマイナーチェンジでは、2ドアハードトップも固定式ヘッドランプに変更されました。その後、1986年9月に行われたルーチェのフルモデルチェンジと同時に、姉妹車関係が解消され、4ドア系ボディがカタログ落ちしました。唯一、2ドアハードトップのみが残り、1990年3月に「ユーノスコスモ」に引き継がれるまで生産が継続されました。

マツダ コスモ2Dr HT  (出典:wikipedia.org)

マツダ コスモ2Dr HT (出典:wikipedia.org)

3代目コスモはマツダの意欲作であり、従来のモデルよりもボディとエンジンのバリエーションが豊富な点を特徴としたものの、個性的なスタイリングが市場に受け入れられず、販売は先代と比較し芳しくありませんでした。

人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます