マツダ CX-7 (ER3P ’06-’11):スポーツカーライクなクロスオーバーSUV

シェアする

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11 (出典:favcars.com)

マツダのクロスオーバーSUV「CX-7」は、北米市場をメインターゲットとしてミニバン「MPV」をベースに開発され、2006年1月のデトロイトモーターショーで初公開されました。スポーツカーとSUVを融合させたキャラクターを持つ事が特徴で、装備も充実したモデルでした。日本国内では2006年11月から予約が開始され、翌12月に発売されました。

躍動的なスタイリング

スタイリングは流麗かつ躍動感溢れるもので、当時のマツダ車のアイデンティティであった大きく口を開けたようなフロント・ロワーグリルや、張り出した前後のフェンダーアーチがデザイン上のアクセントになっていました。ボディサイズは全長4,680mm×全幅1,870mm×全高1,645mmで、「北米サイズ」のワイドな全幅が特徴でした。

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11 (出典:favcars.com)

ホイールベースはMPVより200mm短い2,750mmで、車両重量は1,640~1,740kgでした。サスペンション形式はMPVと同様のフロント:ストラット式/リア:マルチリンク式で、駆動方式はFFと電子制御アクティブトルクコントロールカップリング式のフルタイム4WDが設定されました。エンジンは、MPVと共通の2.3L直4DOHC直噴ターボのL3-VDT型(最高出力238ps/最大トルク35.7kgm)が搭載されました。

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11 (出典:favcars.com)

トランスミッションは、全車にマニュアルモード「アクティブマチック」付きの6速トルコン式ATが採用されました。一方インテリアは、シリンダー形状の3眼式メーターやフロントバケットシートなど、スポーティーな雰囲気を醸すものでした。グレード体系はグレード名無しの標準グレードの他に、豪華な装備が備わる「クルージング・パッケージ」が用意されました。

豪華・安全装備が充実

装備面では、全車にHDDナビゲーションシステム、駐車支援システム、クルーズコントロール、盗難防止装置のイモビライザー&バークラアラームが備わる他、「クルージング・パッケージ」には更に本革シート及び運転席ランバーサポート&8ウェイ電動パワーシート、レーダークルーズコントロール、衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」などが標準装備されました。

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11 (出典:favcars.com)

そして2009年9月にマイナーチェンジが実施され、フェイスリフトやアルミホイールの意匠変更、内装の一部変更が行われると共に、エンジンの燃焼効率アップやATのシフトパターン最適化により燃費が2%向上しました。同時に、足回りの改良や静粛性の向上が図られた他、マルチインフォメーションディスプレイやオートライトシステム、レインセンサーワイパーなどが全車に標準化されました。

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11

マツダ CX-7(輸出仕様) 2006-’11 (出典:favcars.com)

そして2011年12月に国内販売を終了し、その後は輸出専用モデルとして生産が継続されました。販売面では日本国内でこそ振るわなかったものの、北米市場では高い人気を獲得しベストセラーカーとなりました。

人気のSUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK