マツダ ミレーニア/ユーノス800 (’93-’03):10年基準がウリだった高品質FFセダン [TA3/TA5/TAF]

シェアする

ユーノス800 1993 (出典:favcars.com)

ユーノス800 1993 (出典:favcars.com)

マツダは1993年10月、マツダ店及びユーノス店より新型フラッグシップ4ドアセダン「ユーノス800」を発売しました。量産車初のミラーサイクルエンジン、4WSなどの先進的な機構や、SRSデュアルエアバッグシステムやABS、トラクションコントロールシステムといった最先端の安全装備が採用された事が特徴でした。車名は、後にユーノス店の廃止に伴い「マツダ・ミレーニア」に変更されました。

初期型はアルミボンネットを採用

アルミ製ボンネットやハイレフコート塗装を採用したボディのスタイリングは、当時のマツダ車の潮流に沿った曲線基調の流麗なフォルムを備えていました。初期型のボディスペックは全長4,825mm×全幅1,770mm×全高1,395mm、ホイールベース2,745mm、車両重量1,430~1,520kgでした。サスペンション形式は4輪マルチリンク式で、駆動方式はFFが採用されました。

ユーノス 800 1993 (出典:carsensor.net)

ユーノス 800 1993 (出典:carsensor.net)

エンジンは当初、2.3L V6DOHCミラーサイクル・スーパーチャージドのKJ-ZEM型(最高出220ps/最大トルク30kgm)と、2.5L V6DOHC NAのKL-ZE型(最高出200ps/最大トルク22.8kgm)が用意され、トランスミッションは全車に4速トルコン式ATが組み合わせられました。グレード体系は、2.3Lエンジン搭載の「MC」「MC-V」と2.5Lエンジン搭載の「25F」「25G」の4タイプが基本でした。

ユーノス800のCM

4WS車や2Lエンジン搭載車を追加

更に、各グレードにSRSデュアルエアバッグシステム装着車が用意されました。そして1996年6月にマイナーチェンジが実施され、車名が「マツダ・ユーノス800」に変更されると共に、4WS装着車の設定やSRSデュアルエアバッグシステムの全車への標準化が実施されました。同時に、コストダウンの為にボンネットがスチール製に変更されました。

ユーノス 800 1993 (出典:carsensor.net)

ユーノス 800 1993 (出典:carsensor.net)

又、グレード体系も見直され、MC-Vが廃止になると共に25Fに代わり「ミレーニア」「ミレーニアS」が設定されました。次いで1997年7月、ユーノス店の廃止に伴い車名が「マツダ・ミレーニア」に変更されると共に、ミレーニア/ミレーニアSのグレード名が「25M」「25M-S」に変更されました。続いて1998年7月のマイナーチェンジにより、エクステリアが一部変更されました。

マツダ ミレーニア(海外仕様) 1995 (出典:favcars.com)

マツダ ミレーニア(海外仕様) 1995 (出典:favcars.com)

同時に、2L V6DOHC NAのKF-ZE型エンジン(最高出160ps/最大トルク18.3kgm)搭載グレード「20M」が追加された他、既存のグレード体系も見直され、2.3Lエンジン搭載の「MC」、2.5Lエンジン搭載の「25M」「25S」のラインナップとなりました。次いで2000年7月のマイナーチェンジでフェイスリフトが実施されると共に、2.3Lエンジンが廃止になりました。

マツダ ミレーニア 2000 (出典:favcars.com)

マツダ ミレーニア 2000 (出典:favcars.com)

追って同年10月に2.5Lエンジンが「良-低排出ガス」認定を取得した一方、2Lエンジンが廃止されました。そして2003年10月、後継車種が発売される事もなく販売終了となりました。

セダン・ワゴンの人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます