マツダ ルーチェ (2代目 ’72-’78):ロータリーエンジン車を追加し排ガス規制もクリア [LA22/33]

シェアする

マツダ ルーチェAP 1972

マツダ ルーチェAP 1972 (出典:favcars.com)

1966年にデビューしたマツダのアッパーミドルクラス「ルーチェ」は、1972年11月にフルモデルチェンジを実施し2代目となりました。スタイリングをそれまでのヨーロッパ調からアメリカ調へと大きく舵を切った他、ロータリーエンジン搭載車やハードトップボディが追加されるなどバリエーションが拡大されました。又、いち早く低公害車を用意した事も特徴でした。

3種類のボディを用意

スタイリングは、直線基調のプレーンなボディラインが持ち味だった先代からは一転し、抑揚の効いたボディラインや各所に施されたデコレーションを特徴としました。発売当初のボディバリエーションは、4ドアセダンと2ドアハードトップの他、4ドアセダンのボディとハードトップのノーズを融合させた「カスタム」がラインナップされました。

マツダ ルーチェAP 1972

マツダ ルーチェAP 1972 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,320~4,340mm×全幅1,660~1,665mm×全高1,380~1,410mm、ホイールベースは2,510mmで、先代より若干短くワイドなディメンションに変化しました。車両重量は先代より若干軽量化され、初期のモデルで1,000~1,035kgとなりました。サスペンション形式は、フロントが先代のダブルウィッシュボーン式からストラット式に変更され、リアはリジッド・リーフ式が踏襲されました。

全車ロータリーエンジンでスタート

駆動方式はFRを踏襲し、発売当初搭載されたエンジンは全車573cc×2ローターの12A型ロータリーで、排出ガスをクリーン化したAP(REAPS)仕様も用意されました。スペックは、非AP仕様の標準グレード用が最高出力120ps/最大トルク16kgm、同上級グレード用が最高出力130ps/最大トルク16.5kgm、AP仕様の標準グレード用が最高出力115ps/最大トルク15.7kgm、同上級グレード用が最高出力125ps/最大トルク16.2kgmでした。

mazda_luce_1972_ap_4

トランスミッションは、非AP仕様が4速及び5速MTで、AP仕様が「ロータリーマチック」と呼ばれた3速トルコン式ATでした。又、インテリアもエクステリア同様先代から大幅にイメージを変え、ドライバーを取り囲むようにデザインされたインパネが採用されました。装備面では、全車にフロントディスクブレーキやウインドシールド式アンテナが採用されました。

レシプロエンジン車やワゴンを追加

そして1973年4月に、最高出力110ps/最大トルク15.8kgmを発生する1.8L直4SOHCのVC型レシプロエンジン搭載車が追加されました。次いで同年5月にロータリーエンジン車が昭和50年排出ガス規制に適合すると共に、スペックが標準グレード用で最高出力120ps/最大トルク16kgm、上級グレード用で最高出力130ps/最大トルク16.5kgmとなりました。

マツダ ルーチェAP クーペ 1972

マツダ ルーチェAP クーペ 1972 (出典:favcars.com)

次いで同年9月には、654cc×2ローターの13B型ロータリーエンジン(最高出力135ps/最大トルク19kgm)とトルクグライド(流体カップリング)採用の5速MTを搭載する「グランツーリスモ」が追加されました。同時にワゴンが追加された他、1.8Lレシプロ車もAP仕様となりました。続いて1974年4月にグランツーリスモにAT車が追加されると共に、ロータリーエンジンが燃費を改善したREAPS4に置換されました。

マツダ 929クーペ(輸出仕様) 1973

マツダ 929クーペ(輸出仕様) 1973 (出典:favcars.com)

次いで1975年10月にマイナーチェンジを実施し、昭和51年排出ガス規制に適合すると共に、セダンが廃止されカスタムに統合されました。そして1978年7月に、前年に上級モデルとして登場した「ルーチェ・レガート」が「ルーチェ」に車名変更して正式な後継モデルとなり、2代目ルーチェは生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK