マツダ センティア (2代目 HE ’95-’00):居住性と押し出しの改善で初代の魅力は薄らぐ

シェアする

マツダ センティア 1995-'00

マツダ センティア 1995-’00

初代モデルが1991年にデビューしたマツダのプレミアムセダン「センティア」は、1995年11月のフルモデルチェンジにより2代目モデルに移行しました。洗練されたフォルムが売り物だった先代から一転して重厚なスタイリングに変貌し、更なるプレミアム感が演出された他、後席スペースやトランクスペースの拡大が図られるなど実用性が高められました。

先代から全高をアップ

ボディタイプは先代同様の4ドアピラードハードトップながら、Aピラー/Cピラーの角度が立てられると共に押し出し感のあるフロントマスクが採用された事で、エクステリアのイメージは大きく変わりました。ボディサイズは全長4,895mm×全幅1,795mm×全高1,420mmで、先代から全長が40mm短縮された一方、居住性改善の為全高は40mm高く設定されました。

マツダ センティア 1995-'00

マツダ センティア 1995-’00

ホイールベースは先代同様の2,850mmで、車両重量は若干軽量化が図られ1,530~1,620kgとなりました。サスペンション形式は4輪マルチリンク式が踏襲され、駆動方式も同様にFRが採用されました。又、先代に引き続き車速感応型4WS装着車も設定されました。エンジンは2.5L V6が廃止されて3L V6のみとなり、トランスミッションは先代同様4速トルコン式ATが組み合わせられました。

マツダ センティアのCM

エンジンは2種類の3L V6を用意

用意されたエンジンは、先代からキャリオーバーされたDOHC仕様のJE-ZE型(最高出力205ps/最大トルク27.7kgm)と、新たに採用されたSOHC仕様のJE-E型(最高出力160ps/最大トルク25kgm)の2種類でした。発売当初のグレード体系は、下からJE-E型エンジン搭載の「リミテッド」「リミテッド4WS」「リミテッドG」「リミテッドG 4WS」、JE-ZE型エンジン搭載の「エクスクルーシブ4WS」「ロイヤルクラシック4WS」の全6タイプでした。

マツダ センティア 1995-'00

マツダ センティア 1995-’00

装備面では、全車にSRSデュアルエアバッグシステムやABSといった安全装備の他、オートエアコンやパワードアロック、アルミホイールなどの快適・豪華装備が備わり、更に「リミテッド」を除くグレードに運転席パワーシートやレザー製ステアリングホイール&セレクトレバーなどが装備されました。そして1997年9月にマイナーチェンジが行われ、フロントグリルの意匠が変更されました。

マツダ センティア 1995-'00

マツダ センティア 1995-’00

同時に4WS装着車のみの設定だった「エクスクルーシブ」と「ロイヤルクラシック」に、4WS非装着車が追加されました。その後は目立った改良も行われないまま生産が続けられ、2000年11月をもって販売終了となりました。後継モデルは発売されなかった為、代わって1クラス下の「ミレーニア」が同社のフラッグシップモデルとなりました。販売面では、強力なライバルが林立していた影響もあり振るいませんでした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK