メルセデス・ベンツ タイプ220 (’51-’54):戦前設計のモデルをベースに多気筒エンジンを搭載 [W187]

シェアする

メルセデス・ベンツ タイプ220 1951

メルセデス・ベンツ タイプ220 1951 (出典:favcars.com)

ダイムラー・ベンツは1951年4月のフランクフルト・ショーにおいて、戦後初の多気筒(6気筒)エンジン搭載モデルとなるタイプ220(W187型)を発表しました。ベースとなったのは原設計を1936年まで遡る4気筒エンジン搭載モデル170シリーズ(W136型)で、6気筒エンジンを搭載する為にフロントセクションを延長するモディファイが行われました。

ヘッドランプは埋め込み式に

170シリーズ同様Xバックボーン型フレームに架装されるボディは、まず4ドアセダンと2ドア4シーターカブリオレ「カブリオレB」がラインナップされました。スタイリングは、独立した前後フェンダーが備わる戦前型ならではの出で立ちがそのまま受け継がれた一方で、ロングノーズ化と共に独立式だったヘッドランプが埋め込み式に改められました。

メルセデス・ベンツ タイプ220クーペ 1954

メルセデス・ベンツ タイプ220クーペ 1954 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長4,510mm(セダン)/4,540mm(カブリオレ)×全幅1685mm×全高1,560mm(セダン)/1,610mm(カブリオレ)で、170シリーズから全長が50mm以上延長されました。一方ホイールベースは不変の2,845mmで、車両重量は100kg以上増加し1,350kg(セダン)/1,440kg(カブリオレ)となりました。

メルセデス・ベンツ タイプ220クーペ 1954

メルセデス・ベンツ タイプ220クーペ 1954 (出典:favcars.com)

サスペンション形式は、それまでと同様のフロント:ダブルウィッシュボーン式/コイル式・リア:スイングアクスル/コイル式が踏襲されました。駆動方式も同様にFRを踏襲し、フロントに搭載されるエンジンは、このモデルの為に新開発された2.2L直6のM180型が搭載されました。

SOHC方式採用により高性能を発揮

カムシャフトの駆動方式は、戦前の同社製6気筒モデルがSV(サイドバルブ)方式であったのに対し、遥かに先進的なSOHCが採用されました。そのアウトプットは、6:5.1の圧縮比とソレックス・シングルキャブレターにより、最高出力80ps/最大トルク14.5kgmを発生しました。

メルセデス・ベンツ タイプ220クーペ 1954

メルセデス・ベンツ タイプ220クーペ 1954 (出典:favcars.com)

この数値は、170シリーズ最強の「170S」に搭載される1.8L直4SVエンジンを28ps/4.1kgm凌ぐものでした。トランスミッションはフルシンクロ化されたコラム式4速MTが組み合わせられ、最高速度は170Sを19km/h上回る141km/hに達しました。又、0-100km/h加速は21sで、最高速度と併せ当時のセダンとしてはトップレベルの性能を誇りました。

メルセデス・ベンツ タイプ220カブリオレA 1951

メルセデス・ベンツ タイプ220カブリオレA 1951 (出典:favcars.com)

その他の機構面では、ウォーム&ローラー式のステアリング形式や4輪ドラム式のブレーキ形式は170シリーズと同様で、タイヤサイズは5.50×16又は6.40×16から6.40×15へと小径化されました。その後、1954年に2+1シーター仕様のカブリオレ「カブリオレA」と、フィクスドヘッドボディの2ドアクーペがラインナップに加わりました。

メルセデス・ベンツ タイプ220カブリオレA 1951

メルセデス・ベンツ タイプ220カブリオレA 1951 (出典:favcars.com)

この2モデルに搭載されたエンジンは圧縮比が7.6:1に高められ、アウトプットが最高出力85ps/最大トルク16kgmに向上していました。そして1954年3月、全面的な改良が施された後継車種「220a」にバトンタッチして生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK