メルセデス・ベンツ W105/180/128 Ponton (ポントン ’54-’61):フラッシュサイド・フルワイズ・ボディを採用

シェアする

メルセデス・ベンツ W180/128  (出典:favcars.com)

メルセデス・ベンツ W180/128 (出典:favcars.com)

1951年にデビューした小型乗用車W187型「220」シリーズは、1954年3月にフルモデルチェンジを受け、W180型「220a」に移行しました。戦前のモデルさながらの独立した前後フェンダーを備えていたW187型から一転、一足早く登場した弟分の「180」シリーズに続きフラッシュサイド・フルワイズ・ボディを採用し、その丸みを帯びたフォルムから舟橋の一種である「Ponton(ポントン)」の愛称が付けられました。

セミモノコック・ボディを採用

ボディの構造は、それまでのXバックボーン型フレームにボディを架装する方式から、180シリーズ同様のセミモノコック構造に進化しました。ボディタイプは、当初はW187型に用意されていたクーペやカブリオレの設定はなく、4ドアセダンのみのでのスタートとなりました。スタイリングは、ボディ側面に独立したフェンダーの名残を残すプレスラインが備わるなど、180シリーズの延長線上にあるものでした。

メルセデス・ベンツ W180/128  (出典:favcars.com)

メルセデス・ベンツ W180/128 (出典:favcars.com)

その一方で相違点もあり、前後のサイドウィンドウには180シリーズにはない三角窓が設けられていました。又、W187型に対してはグリーンハウスとガラスエリアが拡大され、居住性及び開放感が向上しました。ボディサイズは全長4,715mm×全幅1740mm×全高1,560mmで、180シリーズより一回り大きく、W187型に対しては全長と全幅が拡大された一方全高は低くなりました。

動力性能や操縦安定性が向上

ホイールベースは2,820mmで180シリーズよりも長かったものの、W187型からは若干短縮されました。車両重量は1,300kgで、W187型から50kg軽量化されました。サスペンションは、形式上はW187型と同様のフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:スイングアクスル式を踏襲するものの、固定式だったデフがドライブシャフトと共に可動する方式に変更され、操縦安定性の向上に結び付きました。

メルセデス・ベンツ W180/128 coupe 1956  (出典:favcars.com)

メルセデス・ベンツ W180/128 coupe 1956 (出典:favcars.com)

駆動方式はFRを踏襲し、エンジンも2.2L直6SOHCソレックス・シングルキャブレター仕様のM180型(最高出力85ps/最大トルク16kgm)がキャリオーバーされました。従来同様の4速MTを介しての動力性能は、ボディの空力特性向上と軽量化により向上、最高速度は9km/h高い150km/hに達し、0-100km/h加速は2s短縮され19sとなりました。

クーペとカブリオレを追加

メルセデス・ベンツ W180/128 coupe 1956  (出典:favcars.com)

メルセデス・ベンツ W180/128 coupe 1956 (出典:favcars.com)

その他の機構面では、ステアリング形式がそれまでのウォーム&ローラー式から、リサーキュレーティング・ボール式に変更されました。そして1956年、220aに代わるモデルとして、ツインキャブレターを装備したエンジン(最高出力100ps/最大トルク16.5kgm)を搭載する「220S」と、ホイールベースを120mm短縮したシャシーに同エンジンを搭載するクーペ及びカブリオレがリリースされました。

メルセデス・ベンツ 220 se cabrio 1958  (出典:favcars.com)

メルセデス・ベンツ 220 se cabrio 1958 (出典:favcars.com)

同時に、180シリーズの上級グレード「190」のボディを延長し、従来同様の85ps仕様エンジンを搭載するセダンの廉価版「219」(W105型)が登場しました。次いで翌1957年には、220Sシリーズに搭載されるエンジンのアウトプットが最高出力105ps/最大トルク17.5kgmに向上すると共に、4速セミATの選択が可能となりました。

メルセデス・ベンツ 220 se cabrio 1958  (出典:favcars.com)

メルセデス・ベンツ 220 se cabrio 1958 (出典:favcars.com)

更に1958年、それまでのキャブレターに代えボッシュ製機械式燃料噴射装置を採用し、最高出力115ps/最大トルク19kgmのスペックを持つ「220SE」(W128型)が追加されました。そして1959年にフルモノコックボディを持つ後継モデル「220b」がデビューした事に伴い、まず220a/220Sが生産終了となり、残る220SEも1960年に生産を終了しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます