メルセデス・ベンツ W110 (’61-’68):兄貴分のW111型からテールフィンを継承

シェアする

メルセデス・ベンツ W110

メルセデス・ベンツ W110

ダイムラー・ベンツは1961年4月、1956年にリリースしたW120/121型「180/190」シリーズの後を継ぐ4気筒エンジン搭載の新型乗用車、W110型「190c/190Dc」を発売しました。その2年前に登場した6気筒エンジン搭載モデルW111型の弟分にあたり、シャシーやボディパネルの後半部分が流用された他、W111型セダンの特徴であったテールフィンも継承されました。

W111型から全長とホイールベースを短縮

ボディの構造は、W111型同様のフルモノコック構造が踏襲されました。ボディタイプは4ドアセダンのみで、W120/121型に設定のあったオープンモデルのロードスターは廃止されました。スタイリングは、Aピラーから後ろは基本的にW111型セダンと共通であったものの、全長の短い4気筒エンジンに合わせボンネットフードが短縮されました。

メルセデス・ベンツ W110

メルセデス・ベンツ W110

更にW111型との差別化を図る為、ヘッドランプが縦型から丸型に変更されるなどのモディファイが行われました。ボディサイズは、全長はW111型セダンより145mm短い4,730mmとなったものの、1,795mmの全幅と1,495mmの全高は実質的に同等でした。W120/121型セダンに対しては全長・全幅が一回り大きく、全高は低いディメンションとなりました。

ホイールベースは2,700mmで、丁度W111型とW120/121型の中間の長さでした。車両重量は1,225kgで、W120型190系からは40kg増加したものの、W111型「220S」に対しては100kg程軽く抑えられていました。サスペンション形式は、フロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:スイングアクスル式が踏襲されました。

メルセデス・ベンツ 200d 1965

メルセデス・ベンツ 200d 1965

駆動方式もFRが踏襲され、エンジンは当初、W121型「190b」からキャリオーバーされた1.9L直4SOHCガソリン(最高出力80ps/最大トルク14.5kgm)と、W121型「190D」時代から排気量が100cc拡大された2L直4SOHCディーゼル(最高出力55ps/最大トルク12kgm)が用意されました。トランスミッションは、従来同様4速MTが組み合わせられました。

フロントブレーキをディスク化

その他、パワーアシストを持たないリサーキュレーティング・ボール式のステアリングや、4輪ドラム式のブレーキはW120/121型と共通でした。その後、1962年に190cに4速トルコン式ATが設定され、翌1963年にはフロントブレーキがディスク化されると共に、2系統ブレーキシステムが採用されました。それと同時に、190Dcも4速ATの選択が可能となりました。

メルセデス・ベンツ 200d 1965

メルセデス・ベンツ 200d 1965

次いで1964年にパワーステアリングがオプション設定された事に続き、翌1965年にはマイナーチェジが実施され、外観面ではフロントフェンダー上に設けられていたターンシグナルランプがヘッドランプ下に移動された他、リアコンビネーションランプの意匠が変更されました。同時にエンジンがそれまでの3ベアリング式から5ベアリング式に改良されると共に、ラインナップが一新されました。

メルセデス・ベンツ 200d 1965

メルセデス・ベンツ 200d 1965

ガソリンモデルは190cに代わり、2L直4SOHC(最高出力95ps/最大トルク15.7kgm)搭載の「200」と2.3L直4SOHC(最高出力105ps/最大トルク17.7kgm)搭載の「230」が用意され、ディーゼルモデルはエンジンのスペックに変更はなかったものの、グレード名が190Dcから「200D」に変更されました。そして1968年、後継モデルW114/115型がデビューした事に伴い、生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK