三菱 シャリオ (初代 ’83-’91):ミニバンの先駆け的存在としてヒット作に [D0]

シェアする

三菱 シャリオ 1989

三菱 シャリオ 1989

三菱自動車は1983年2月に、同社初となるミニバン「シャリオ」を発売しました。ミニバンとしては前年にデビューした日産自動車の「プレーリー」と並び先駆者的な存在で、3列シート7人乗りというユーティリティーの高さ、ワンボックス車よりも遥かに低く抑えられた全高や4WD車の設定による走行性能の高さなどにより、ヒット作となりました。

ツートーン・ボディカラーを採用

ボディは、オールヒンジ式の5ドアを持つ直線基調の2ボックス型で、2トーンのボディカラーがアクセントになっていました。ボディサイズは全長4,445mm×全幅1,640mm×全高1,525mm、ホイールベースは2,630mmで、車両重量は1,010~1,150kgでした(※いずれも初期型)。サスペンションはフロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式による4輪独立懸架で、駆動方式は当初FFのみの設定でした。

三菱 シャリオ 1989

三菱 シャリオ 1989

エンジンは発売当初、1.6L直4SOHCのG32B型(最高出力92ps/最大トルク13.8kgm)と1.8L直4SOHCのG37B型(最高出力105ps/最大トルク15kgm)が用意され、トランスミッションは前者には5速MTが、後者には5速MT又は3速トルコン式ATが組み合わせられました。発売時のグレード体系は、下から1.6Lの「MF」、1.8Lの「MF」「MX」の3タイプでした。

三菱 シャリオのCM

ターボ車と4WD車を追加

そして同年7月に、1.8L直4SOHC ECIターボチャージャー仕様のG62B型エンジン(最高出力135ps/最大トルク20kgm)を搭載する「MRターボ」が追加されました。次いで1984年には、2L直4SOHCのG63B型エンジン(最高出力110ps/最大トルク16.7kgm)と副変速機付き4速MT「スーパーシフト」を搭載するフルタイム4WD車が追加されました。

三菱 シャリオ 1989

三菱 シャリオ 1989

4WD車はリアサスペンションがセミトレーリングアーム独立懸架式に変更されると共に、最低地上高が20mm高く設定されました。同時に全高が45mmアップの1,575mmとなり、立体駐車場への入庫は不可能となりました。グレード体系は下から「ME」「MF」「MT」の3タイプがラインナップされ、全車に傾斜計が、更にMTにはオールシーズンタイヤが装備されました。

三菱 シャリオ 1989

三菱 シャリオ 1989

その後、数度に及ぶマイナーチェンジにより、エンジン・ラインナップの変更やエクステリア・デザインの変更、バックミラーのドアミラー化などが行われました。最終的なグレード体系は、G37B型エンジン搭載の「サンクス」「MH」「MX」、1.8Lディーゼルターボの4D65型エンジン(最高出力76ps/最大トルク15.2kgm)搭載の「MFターボ」、G63B型エンジン搭載の「ME」「MF」「MT」の全7タイプでした。

又、フルタイム4WD方式を採用する2L車のトランスミッションは、一般的な5速MTに変更されていました。そして1991年5月にフルモデルチェンジを受け、2代目N3/N4型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます