ダットサン ブルーバード (初代 310 ’59-’63):バランスの良さから国産小型セダンの代表格的存在に

シェアする

ダットサン ブルーバード 1959

ダットサン ブルーバード 1959

日産自動車は1959年8月、「ダットサン1000乗用車(210型)」の後継車種となる「ダットサン・ブルーバード」を発売しました。サスペンション形式が1000乗用車の4輪リジッド・リーフ式からフロントがダブルウィッシュボーン独立懸架式に変更され、操縦安定性や乗り心地が改善されました。優れたトータルバランスにより大ヒット作となり、同クラスの代表格的な存在となりました。

ラダーフレーム+セミモノコック構造を採用

車体構造はラダーフレームにセミモノコックボディを組み合わせたもので、ボディタイプは当初4ドアセダンのみが用意されました。スタイリングは1000乗用車譲りのコンサバティブなものながら、幾分スマートなフォルムに変化しました。ボディサイズは全長3,860mm×全幅1,496mm×全高1,480mmで、1000乗用車より全幅が30mm広く全高が55mm低いディメンションとなりました。

ダットサン ブルーバード 1959

ダットサン ブルーバード 1959

又、ホイールベースは60mm延長され2,280mmとなりました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは当初1000乗用車からキャリオーバーされた1L直4OHVのC型(最高出力34ps)が採用され、程なくしてストロークアップにより排気量を1.2Lに拡大したE1型(最高出力43ps)が追加されました。トランスミッションは1000乗用車の4速MTから、3速MTに変更されました。

ダットサン ブルーバード 1962

ダットサン ブルーバード 1962

又、4輪ドラム式のブレーキには、国産車初のユニサーボが採用されました。室内は前後席共にベンチシート仕様で、乗車定員は当初4名だったものの、後にリアシート幅を40mm広げる改良により5名に変更されました。グレード体系は、当初「1000STD」「1200STD」「1200DX」の3タイプがラインナップされました。

ワゴンや女性向けグレードを追加

ダットサン ブルーバード ワゴン 1962

ダットサン ブルーバード ワゴン 1962

そして1960年7月に5ドアボディ採用の「エステートワゴン」が追加された後、同年10月のマイナーチェンジでエンジンのアウトプット向上が図られ、1Lは型式がC1型に変更され最高出力43psに、1.2Lは同一型式のまま最高出力55psとなりました。同時に、ローがノンシクロだったトランスミッションがフルシンクロ化されました。

ダットサン ブルーバード ワゴン 1962

ダットサン ブルーバード ワゴン 1962

次いで1961年2月に女性向けの内装を採用した新グレード「ファンシーDX」が追加され、同年8月の2度目のマイナーチェジではフロントグリルやテールランプ、メーターパネルの意匠が変更されました。続いて1962年9月に実施された3度目のマイナーチェンジにより、再度フロントグリルとテールランプの意匠が変更されました。

追って同年12月に前席セパレートシート仕様車が追加され、翌1963年にはAT車が追加されました。そして同年9月にフルモデルチェンジが実施され、2代目410型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK