ダットサン ブルーバード (2代目 410 ’63-’67):ピニンファリーナ・デザインのモノコックボディを採用

シェアする

ダットサン ブルーバード 1963

ダットサン ブルーバード 1963

1959年に「ダットサン1000乗用車」の後継車種として発売された日産自動車の小型車「ダットサン・ブルーバード」は、1963年9月にフルモデルチェンジを受け2代目410型に移行しました。ボディ構造が日産車初のフルモノコック構造に変更されると共に、イタリアのピニンファリーナの手によるスマートなスタイリングが採用されました。

初期型は尻下がりのフォルムが特徴

ボディタイプは当初、先代同様4ドアセダンと5ドアワゴンが用意され、スタイリングはずんぐりした印象の先代からシャープかつモダンなフォルムに変貌しました。又、初期型は欧州車調の尻下がりのベルトラインが特徴でした。ボディサイズは全長3,995mm×全幅1,490mm×全高1,415mmで、先代から全長が拡大された一方全高は低くなりました。

ダットサン ブルーバード 1963

ダットサン ブルーバード 1963

又、ホイールベースは100mm延長され2,380mmとなりました。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは当初、先代からキャリオーバーされた1L直4OHVシングルキャブレター仕様のC1型(最高出力43ps)及び1.2L直4OHVシングルキャブレター仕様のE1型(最高出力55ps)が搭載されました。トランスミッションは3速MTの他、1.2L車にオートクラッチが設定されました。

ダットサン ブルーバード 1963

ダットサン ブルーバード 1963

ツインキャブエンジン搭載車を追加

サスペンション形式はフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:リジッド・リーフ式が踏襲され、ブレーキも同様に4輪ドラム式が採用されました。そして翌1964年3月、E1型SUツインキャブレター仕様エンジン(最高出力65ps)を搭載するスポーツセダン「1200SS」が追加されました。追って同年9月のマイナーチェンジにより、フロントグリルの意匠が変更されました。

ダットサン ブルーバード 1963

ダットサン ブルーバード 1963

同時に2ドアセダンが追加され、1L車は廃止になりました。次いで1965年1月にリクライニングシート仕様車が、翌2月に1200SSの2ドア車が追加されました。更に同年5月のマイナーチェンジにより、エンジンが1.3L直4OHVのJ型(シングルキャブレター仕様:最高出力62ps・SUツインキャブレター仕様:最高出力72ps)に置換されました。

M/Cで尻下がりのフォルムを矯正

ダットサン ブルーバード ワゴン 1966

ダットサン ブルーバード ワゴン 1966

同時に、同シングルキャブレター仕様エンジンを搭載するバンと、1.6L直4OHV SUツインキャブレター仕様のR型エンジン(最高出力90ps)+4速MTを搭載するスポーツセダン「1600SSS」が追加されました。次いで1966年4月の2度目のマイナーチェンジにより、フェイスリフトと共にリア廻りのデザインが一新され、尻下がりのフォルムが改められました。

ダットサン ブルーバード ワゴン 1966

ダットサン ブルーバード ワゴン 1966

同時に、1300SS/1600SSSにフロント・ディスクブレーキが採用されました。追って同年6月、ボルグワーナー製3速AT仕様が設定されました。そして1967年8月にフルモデルチェンジが実施され、3代目510型に移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK