日産 パルサー GTI-R (N14 ’90-’95):パルサー史上最高の高性能を備えたホットハッチ

シェアする

日産 パルサー GTI-R  1990-’95

日産 パルサー GTI-R 1990-’95 (出典:favcars.com)

1978年に初代モデルがデビューした日産のコンパクトカー「パルサー」は、1990年8月のフルモデルチェンジにより4代目となり、同時にパルサーの歴史の中で空前絶後といえる高性能モデル「GTI-R」が設定されました。小型軽量な車体にハイパワーなターボエンジンを搭載し、所謂ホットハッチと呼ばれる車種の中でも群を抜いた動力性能を発揮しました。

エアロパーツなどで外観を差別化

ボディタイプは、3ドア/5ドアハッチバックと4ドアセダンがラインナップされたボディバリエーションの中から、最も軽量な3ドアハッチバックが選択されました。スタイリングは、基本的なプロポーションは他のグレードと同一であったものの、フロントスポイラーやボンネットフード上の巨大なエアインテーク、大型リアスポイラーなどにより差別化が図られました。

日産 パルサー GTI-R  1990-’95

日産 パルサー GTI-R 1990-’95 (出典:favcars.com)

ボディサイズは全長3,975mm×全幅1,690mm×全高1,400mm、ホイールベースは2,430mmで、他のグレードから全幅が20mmワイド化され、全高は15mm高くなりました。車両重量は、初期型で1,190~1,220kgでした。サスペンション形式は、他のグレードと同様の前:マクファーソンストラット式/後:パラレルリンクストラット式で、駆動方式はフルタイム4WD「ATTESA」が採用されました。

シルビアと同型式のエンジンを搭載

搭載されたエンジンは、「シルビア」などにも搭載された2L直4DOHCインタークーラーターボのSR20DET型で、4連スロットルバルブや専用大径タービンの採用により最高出力230ps/6,400rpm・最大トルク29kgm/4,800rpmのアウトプットを発生しました。リッター当たり115psの出力は当時としてはハイチューンで、最高出力の絶対値も280ps規制のあった当時の国産車の中ではハイレベルなものでした。

日産 パルサー GTI-R  1990-’95

日産 パルサー GTI-R 1990-’95 (出典:favcars.com)

トランスミッションは5速MTのみの設定で、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。装備面では、FF方式の最上級グレード「GTI」に備わるエアコンやオーディオシステムといった快適装備が省かれるスパルタンな仕様でした。グレード体系は、パワーウインドゥやビスカス式LSDが備わる「GTI-R」が標準グレードでした。

日産 パルサー GTI-R  1990-’95

日産 パルサー GTI-R 1990-’95 (出典:favcars.com)

その他、パワーウインドゥを省き軽量化を図ると同時に、機械式LSDやクロスレシオミッションなどを備えるラリー競技用ベースモデル「GTI-Rベース仕様」や、「GTI-Rベース仕様」にバケットシートやロールバーを装備した、より実戦的な「GTI-R NISMO」も販売されました。そして1992年8月にマイナーチェンジを実施しエクステリアを一部変更、同時に車両重量が10kg増加しました。

日産 パルサー GTI-R Gr.A 1991-’92

日産 パルサー GTI-R Gr.A 1991-’92 (出典:favcars.com)

WRCにおいては、エンジンの冷却能力不足やタイヤのキャパシティー不足から想定したような結果が残せず、早々と実戦から撤退しました。販売は1995年1月に5代目にバトンタッチされるまで継続されたものの、5代目以降はGTI-Rのようなホットバージョンは設定されなかった為、結果的に最初で最後の存在となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK