プジョー306 (’93-’01):多彩なボディが用意された309の後継モデル

シェアする

プジョー306 3dr 1993

プジョーは1993年、1985年にリリースした「309」の後継モデルとなるFFコンパクトカー「306」を発売しました。当初は3ドア/5ドアハッチバックのみのラインナップだったものの、追って4ドアセダンや2ドアカブリオレ、5ドアステーションワゴンの「ブレーク」が加わるなど、多彩なボディ・ラインナップが揃う事となりました。

ハッチバックは2ボックス型に

ピニンファリーナのデザインによるスタイリングは、309の3ボックス型から2ボックス型に変更されると共に、それまでよりも丸みを帯びたフォルムや異形ヘッドランプが採用されるなど、イメージが一新されました。ボディサイズは全長4,030mm×全幅1,695mm×全高1,390mmで、309から僅かに短くワイドなディメンションとなりました。

プジョー306 5dr 1993

又、ホイールベースは160mm長い2,580mmに設定されました。エンジンは、1.1L SOHC(最高出力59hp)/1.4L SOHC(最高出力74hp)/1.6L SOHC(最高出力89hp)/1.8L SOHC(最高出力102hp)/2L SOHC(最高出力121hp)/同DOHC16V(最高出力157hp)のガソリン直4と、1.9L SOHC NA(最高出力70hp)/同ターボ(最高出力89hp)のディーゼル直4が用意されました。

プジョー306 Cabriolet 1994

サスペンション形式は309同様、フロントがマクファーソンストラット/コイル式、リアがレーリングアーム/トーションバー式による4輪独立懸架でした。その後1997年に最初のフェイスリフトが実施されフェイズ2に移行、1999年には2度目のフェイスリフトによりフェイズ3に移行しました。そして2001年、後継モデル「307」のデビューに伴い生産終了となりました。

日本向けはガソリンモデルのみ

日本に正規輸入された306は、全てガソリンモデルでした。初上陸を果たしたのは1994年2月で、1.8Lエンジン(最高出力100ps/最大15.6kgm)+4速AT搭載の5ドア「XR」「XT」、2L SOHCエンジン(最高出力120ps/最大18.3kgm)+4速AT搭載の3ドア/5ドア「XSi」、同エンジン+5速MT搭載の3ドア「XSi」が用意されました。

プジョー306 Break 1997

追って同年6月に2L DOHC16Vエンジン(最高出力150ps/最大19.3kgm)+5速MT搭載の3ドア「S16」が、更に同年8月には2L SOHCエンジン+4速ATを搭載するカブリオレが追加されました。次いで1995年1月にXTのエンジンが2L SOHCに置換され、翌2月には4ドアセダン(1.8Lエンジン+4速AT搭載の「SR」と2L SOHCエンジン+4速AT搭載の「ST」)の導入が開始されました。

次いで1995年11月、XRに代わる廉価グレードとして1.8Lエンジン+5速MT/4速AT搭載の3ドア「スタイル」が追加され、翌1996年9月には5ドアにも同グレードが設定されました。続いて1997年8月にフェイズ2に切り替えられると共に、セダンがカタログ落ちしました。同時に、SOHCだった1.8L/2LエンジンがDOHC(8V)化されました。

プジョー306 Sedan 1997

それに伴い、アウトプットがそれぞれ最高出力110ps/最大15.5kgm、最高出力132ps/最大18.7kgmとなりました。又、S16用DOHC16Vエンジンに改良が施され、最高出力が163psに向上しました。グレード体系の面では5ドアXTが廃止され、代わって2L DOHC8Vエンジン+4速AT搭載の「カシミール」が設定されました。

追って同年12月には、2L DOHC8Vエンジン+4速ATを搭載するブレークの導入が開始されました。次いで1999年9月、スタイル/カシミールが廃止され、代わって1.8Lエンジン+5速MT又は2L DOHC8Vエンジン+4速ATを搭載する「スタイルプレミアム」が設定されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK