スバル R1(’05-’10):R2をベースに開発された軽スペシャリティカー [RJ1/2]

シェアする

富士重工業は2005年1月、2003年12月にリリースした5ドアハッチバック型軽乗用車「スバル・R2」をベースとした3ドアハッチバックの軽スペシャリティカー「スバル・R1」を発売しました。基本メカニズムをR2と共有しながら、全長が110mm、ホイールベースが165mm短縮されると共に、2+2シーター仕様の割り切ったパッケージングが採用されました。

「てんとう虫」がモチーフ

スタイリングはR2の延長線上にあると同時に、「てんとう虫」の愛称で親しまれたかつての「スバル・360」をモチーフとするデザインイメージが取り入れられました。又、愛嬌のある雰囲気と同時に、ホイールアーチが強調されたボディラインやクラス最大の15インチアルミホイール&タイヤの採用により、アグレッシブな雰囲気も醸していました。

ボディサイズは全長3,285mm×全幅1,475mm×全高1,510mm、ホイールベースは2,195mmで、車両重量は初期型で800~840kgでした。サスペンション形式はR2同様の4輪ストラット式独立懸架で、駆動方式も同様にFFとビスカス式のフルタイム4WDが設定されました。エンジンは当初、660cc直4DOHC NA仕様のEN07型(最高出力54ps/最大トルク6.4kgm)のみが用意されました。

トランスミッションは、インパネシフト式のCVTが組み合わせられました。ブレーキはフロントがベンチレーテッドディスク式、リアがドラム式で、安全装備としてEBD&ブレーキアシスト付ABSやSRSデュアルエアバッグシステムが標準装備されました。グレード体系は、発売当初は「R」のみのモノグレード設定でした。

エンジンラインナップを拡大

そして同年7月にSOHC NA仕様のEN07型エンジン(最高出力46ps/最大トルク5.9kgm)を搭載し、14インチアルミホイール&タイヤが装着される廉価グレード「i」が、更に同年11月にはDOHCメカニカルスーパーチャージャー仕様のEN07型エンジン(最高出力64ps/最大トルク10.5kgm)と7速マニュアルモード付のスポーツシフトi-CVTを搭載するスポーティグレード「S」が追加されました。

次いで2006年11月、CVTの改良により燃費・環境性能が向上すると共に、メカニカルスーパーチャージャー仕様エンジンがレギュラーガソリン仕様に変更され最大トルクが9.5kgmとなりました。同時に、ボディカラーが一部変更になりました。続いて2007年6月、iが廃止された一方で、ボディカラーに新色が1色追加されました。

次いで2008年6月の一部改良で運転席シートベルト未装着ウォーニングブザーが装備されると共に、ボディカラーに新色が1色追加されました。続いて2009年11月に専用のインテリアが備わる特別仕様車「プレミアムブラックリミテッド」が設定された後、翌2010年3月に軽自動車の自社開発からの撤退方針に従い、生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK