スズキ アルト (初代 ’79-’84):割り切った設計による低価格と低維持費により大ヒット [SS30V/40V]

シェアする

スズキ自動車は1979年5月、軽乗用車「フロンテ」を通算5代目モデルにフルモデルチェンジすると同時に、その派生モデルとなる軽商用車「アルト」を発売しました。基本コンポーネンツをフロンテと共有する一方セカンドカー用途として割り切った設計が行われ、その結果実現した47万円という低価格や税制面で有利な4ナンバー登録などにより大ヒットに繋がりました。

3ドアボディのみを設定

ボディタイプは、ガラスハッチ付き4ドアセダンのフロンテに対し、テールゲートが備わる3ドアハッチバックでした。スタイリングは、丸型2灯式ヘッドランプ採用のフロントマスクや直線基調のプレーンなボディラインなど、フロンテと共通のデザインテイストを備えていました。ボディサイズは、全長3,195mm×全幅1,395mm×全高1,335mmという当時の軽自動車規格に準じたものでした。

ホイールベースは2,150mmで、ボディサイズを含めフロンテと同一のディメンションでした。一方、車両重量はフロンテより若干軽い545kgに抑えられていました。サスペンションはフロンテと共通で、フロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式というコストダウンを優先した形式が採用されました。駆動方式は、当初はFFのみの設定でした。

エンジンは、当初550cc2ストローク直3のT5B型(最高出力28ps/最大トルク5.3kmg)が搭載され、トランスミッションは4速MTが組み合わせられました。室内面は当初は4人乗り仕様のみの設定で、2名乗車時の最大積載量は200kgでした。又、直線基調のシンプルなインパネや簡易な構造のリアシート、手押しポンプ式のウィンドウウォッシャーなど、徹底的にコストダウンを図った仕様が特徴でした。

エンジンを4ストロークに置換

グレード体系は当初モノグレード設定で、ヒーターは標準装備されるもののAMラジオはオプション扱いでした。そして翌1980年5月に2速トルコン式AT仕様が追加され、更に1981年1月にはエンジンが550cc4ストローク直3SOHCのF5A型(最高出力28ps)に置換されました。次いで同年10月、4シーター仕様商用車への増税に伴い、2シーター仕様車が追加されました。

価格は47万円に設定され、従来の4シーター仕様は49万円に値上げされました。続いて1982年10月のマイナーチェンジでヘッドランプが角形2灯式に変更されると共に、上級グレードとなる「Lタイプ」「Gタイプ」が設定されました。次いで1983年10月には、2インチアップの12インチホイール&タイヤを装着するパートタイム式4WDモデル「スノーライナー」シリーズが追加されました。

そして1984年4月にエアコンが装備される特別仕様車「マリアンヌ」が設定された後、同年9月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK