トヨタ エスティマ (初代 ’90-’00):タマゴ型ボディ+ミッドシップの未来感覚ミニバン [TCR1/2]

シェアする

トヨタ エスティマ 1990

トヨタ エスティマ 1990

トヨタ自動車は1990年5月、従来の概念を覆す斬新なコンセプトで開発された新型ミニバン「エスティマ」を発売しました。「天才タマゴ」をキャッチコピーに掲げ、文字通りタマゴ型のフォルムを持つモノボックスボディと、ミニバン史上初となるミッドシップ方式が採用された事が特徴でした。その結果、ユーティリティの高さとスポーティカー並みの操縦安定性が両立したモデルとなりました。

エンジンを車体中央に傾斜させて搭載

ボディタイプは助手席側にのみ後席用スライドドアが備わる4ドアで、シートレイアウトは当初2-2-3配列の7人乗り仕様のみが設定されました。エンジンは、一般的なワンボックス車が運転席下に搭載されるのに対し、車体中央のフロア下部に75度傾斜させて搭載されました。ボディサイズは全長4,750mm×1,800mm×全高1,780~1,820mmで、一般的な国産ミニバンよりも幅の広いディメンションが特徴でした。

トヨタ エスティマ 1990

トヨタ エスティマ 1990

又、前輪を運転席より前に配置した事で、2,860mmのロングホイールベースを実現していました。車両重量は初期型で1,730~1,860kgでした。サスペション形式はフロントがストラット式で、リアは当初全車ダブルウィッシュボーン式独立懸架でした。駆動方式は、後輪駆動とビスカスカップリング式のフルタイム4WDが設定されました。

エンジンは、当初2.4L直4DOHC NAの2TZ-FE型(最高出力135ps/最大トルク21kgm)のみが用意され、コラムシフトの4速トルコン式ATと組み合わせられました。発売当初のグレード体系は、基本的にグレード名を持たないモノグレードであったものの、標準ルーフ仕様の他に「ツインムーンルーフ」仕様が設定されました。

トヨタ エスティマ 1990

トヨタ エスティマ 1990

そして1991年8月の一部改良で、熱線反射ガラスを採用すると共に、ハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラーやスライドドアにサイドドアビームを採用するなど、快適性と安全性の向上が図られました。次いで1993年2月に、室内を2-3-3配列の8人乗り仕様とし、リアサスペンションを4リンク・リジッド式に変更した廉価グレード「X」が追加されました。

トヨタ エスティマのCM

スーパーチャージャー付きエンジンを設定

更に同年8月の一部改良で、使い勝手を改善すると共に新冷媒が採用されました。続いて1994年8月のマイナーチェンジで、フェイスリフトや内装の一部変更、静粛性の改善などと同時に、標準グレードのエンジンが2.4L直4DOHCスーパーチャージャー仕様の2TZ-FE型(最高出力160ps/最大トルク26.3kgm)に置換されました。

次いで1996年8月の一部改良で、標準グレードにオートエアコンを装備するなど仕様向上が図られました。続いて1998年1月実施のマイナーチェンジにより、フェイスリフトやリアコンビネーションランプの意匠変更、内装の一部変更と共に、エンジンがスーパーチャージャー付きの2TZ-FE型に一本化されました。

トヨタ エスティマ 1990

トヨタ エスティマ 1990

同時にグレード体系が変更され、8人乗りのベーシックグレード「V」、同じく8人乗りでエアロパーツやストーン調インパネが備わる上級グレード「アエラス」、そして唯一の7人乗りかつダブルウィッシュボーン式リアサスペンション仕様となる最上級グレード「G」の3タイプとなりました。そして2000年1月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。

初代エスティマはその先進的なコンセプトにも関わらず、エンジンスペースの制約で大排気量・多気筒のエンジンが搭載出来なかった欠点から、販売面ではライバルに対し苦戦を強いられました。

人気のミニバンを購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK