トヨタ WiLL Vi (NCP19 ’00-’01):初代ヴィッツがベースのWiLLブランド第一弾

シェアする

トヨタ Will Vi 2000

トヨタ Will Vi 2000

トヨタは2000年1月に、新規に立ち上げたブランド「WiLL」の第一弾となるパイクカー「Vi」を発売しました。ベースとなったのはBセグメント・ハッチバック車の初代「ヴィッツ」で、プラットフォームやパワートレインなどの基本コンポーネンツがそのまま流用された一方、個性的なエクステリア&インテリア・デザインを持つ全く別物のボディが架装されました。

コンセプトはかぼちゃの馬車

スタイリングはかぼちゃの馬車がモチーフとされ、丸みを帯びたノーズやボディ側面の3本のプレスラインに加え、初代「マツダ・キャロル」を彷彿とさせる「クリフカット」と呼ばれる通常とは逆の角度が付けられたCピラーが採用されました。又、ヴィッツと異なりテールゲートは設けられておらず、独立したトランクルームが備わる4ドア車でした。

トヨタ Will Vi 2000

トヨタ Will Vi 2000

ボディサイズは全長3,760mm×全幅1,660mm×全高1,575~1,600mmで、ヴィッツよりも全長と全高が拡大されていました。ホイールベースは同一の2,370mmで、車両重量は同一エンジン搭載のヴィッツよりも50kg程重い940~950kgでした。室内はフロント・ベンチシート仕様で、乗車定員はヴィッツ同様5名であったものの、デザイン優先のパッケージングであった為後席の居住性にはやや難がありました。

トヨタ WiLL ViのCM

FF+4AT車のみを設定

駆動方式はFFのみの設定で、ヴィッツに設定のあったフルタイム4WDは用意されませんでした。サスペンション形式は、ヴィッツFF車と同様のフロント:ストラット式/リア:トーションビーム式が踏襲されました。一方ホイール&タイヤは、ヴィッツより大径の15インチが採用されると共に、専用デザインのホイールキャップが装着されました。

トヨタ Will Vi 2000

トヨタ Will Vi 2000

エンジンは、ヴィッツ1.3L車と共通の直4DOHC VVTi仕様の2NZ-FE型で、最高出力88ps/6,000rpm・最大トルク12.5kgm/4,400rpmのスペックも同一でした。トランスミッションは、5速MTも用意されたヴィッツと異なり、コラムタイプの4速トルコン式ATのみの設定でした。カタログ燃費は、ヴィッツ1.3L FFグレードより0.8km/L劣る17.2km/Lでした。

トヨタ Will Vi 2000

トヨタ Will Vi 2000

一方インテリアは、曲線を基調としたポップなデザインとカラーリングを持つインパネが特徴で、ヴィッツ同様センターメーター方式が採用されました。又、安全装備面では、衝突安全ボディをはじめ、SRSデュアルエアバッグシステム、ABS、ブレーキアシスト、フォースリミッター&プリテンショナー付きシートベルトが標準装備されました。

トヨタ Will Vi 2000

トヨタ Will Vi 2000

グレード体系は、メタルトップ仕様の標準車とキャンバストップ仕様が設定されました。そして2001年6月に、専用ツートンボディカラーと購入者の誕生月に合わせた「誕生石キーホルダー」が備わるインターネット限定車「バニラトップ」(標準車のみ)が設定されました。更に翌7月には、ホワイトパールマイカのボディカラーを採用した特別仕様車「シンデレラパール」(標準車のみ)が設定されました。

そして同年12月を持って生産終了となりました。販売面では、価格こそヴィッツ1.3L車と大差なかったものの、購買層を20~30代の女性に絞ったコンセプトでデザインも独特であった事から、月間数百台規模の販売台数に留まりました。

ヴィッツの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ヴィッツの下取り、買取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK